嵐といえば、2020年12月31日をもって、
嵐としての活動を休止することを
発表したことが記憶に新しいですよね。

ファンはもちろんですが、
日本中がその発表に驚いたのではないでしょうか。

そんな嵐のリーダー大野智さんが、
3/16放送の「嵐にしやがれ」で
「大野智船舶免許取得プロジェクト」と題して
一級小型船舶免許取得に挑戦しました。

あまり聞きなれない一級小型船舶免許とは?

嵐のリーダー大野智さんが
どうしてその資格に挑戦するのか、
調べてみました!

スポンサーリンク

嵐のリーダー大野智が船舶免許を目指す!

大野智さんは、国民的人気アイドルグループ「嵐」のリーダーです。
メインボーカルを務め、曲の振り付けまで手掛けています。

1999年「A・RA・SHI」でCDデビュー。
フジテレビ「VS嵐」、日本テレビ「嵐にしやがれ」にレギュラー出演中。

俳優としても「怪物くん」(2010年)、
「鍵のかかった部屋」(2012年)、
「死神くん」(2014年)、
「世界一難しい恋」(2016年)、
映画「忍びの国」(2017年)
など多数の作品に出演しています。

名  前:大野 智(おおの さとし)
生年月日:1980年11月26日
出身地 :東京都
血液型 :A型
職  業:アイドル、歌手、俳優、タレント
活動期間:1994年~
事務所 :ジャニーズ事務所
趣  味:釣り

実は大野智さんは芸能界でも
相当な釣り好きとして知られています。

小さい頃から父親と釣りに出かけていたそうですが、
2007年頃から本格的に釣りを始めたそうです。

忙しい仕事の合間をぬって行かれているようですが、
人気アイドルなのでなかなか思うように
時間も取れなかったと思います。

そんな釣り好きも高じ、船舶免許の取得を目指すようになります。

スポンサーリンク

大野智が今度は一級小型船舶免許取得挑戦!

釣りが趣味な大野智さん。
目標は「カジキマグロを釣ること」だそうです。

その夢を実現させるべく、なんと2018年に二級小型船舶免許を取得しました!

二級小型船舶免許は、
総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイを除く)で
海岸から5海里(9.26km)以内の水域及び水平区域を航行できる操縦免許です。

最初、

本人は勉強が苦手なこともあり取得に消極的だったのですが、
番組「嵐にしやがれ」に目を付けられ、
強制的に勉強させられることになります。

この二級免許は合格率が9割と言われているのですが、
ただでさえ本業が忙しい中での勉強はなかなか大変だったと思います。

そして実際の試験では、
筆記試験は50問中2問間違っただけで、
なんと500点満点中480点という高得点!

もちろん実技もスムーズにパス!

文句なしで合格されたということなので
「さすが!」という感じですね。

これでカジキマグロを釣るという夢に一歩近づきましたね。

スポンサーリンク

一級小型船舶免許の試験内容や合格率は?船の値段も

大野智さんが今度挑戦する
一級小型船舶免許は、
総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイを除く)で
すべての海域を航行できる操縦免許です。

一級はかなり難易度が高いと言われています。

合格率は、学科試験が80%・実技試験が98%と
なんだか数値で見るといけそうな気がしますが、
とても覚えることが多く難しいそうです。

試験の内容は
・身体検査:視力検査・聴力検査・弁色力検査等
・学科試験:マークシート式(一般科目50問、上級科目14問)
・実技試験:ロープワーク、小型船舶の取り扱いから基本操縦、応用操作の試験

学科試験は一般科目の50問中33問以上正解し、
上級科目14問中10問以上正解しなければなりません。

一般科目はとにかく覚えることですが、
上級科目は4問しかミスできないので厳しいですね。

その上級科目に「海図(海の地図)」があります。

それには水深や灯台の場所が記されていたり、
コンパスと三角定規を用いて距離を測ったりすることができます。

舟で旅に出るときはこの海図を見て、
しっかり運行計画を立てることが重要になるんですね。

その海図の問題が14問中3問も出るそうです。

その他にも、天気図やエンジン周りの問題など難しい問題が出てきますよ!

そして免許を取ったら、実際船を操縦したい!
でも船の値段はどのくらいするのか気になりますよね。

船は、数百万から数千万まで
とても幅広いラインナップになっています。

とても手が出ない金額ですが、
レンタルや友人などと共同所有にする方もいます。

それなら費用も抑えられますね。

まとめ

2020年に活動休止予定の嵐の大野智さん。

活動休止後は、
今までなかなかできなかった
自分の時間をゆったりと満喫してほしいと思います。

自身の運転する船でのんびり趣味の釣りを楽しむ、
なんてのも素敵ですね

スポンサーリンク
おすすめの記事