大阪市立の中学校教諭、尾松大義容疑者(33)が体罰により逮捕されました。

体罰をした経緯は、被害にあった男子生徒が、居眠りをしていたなどを理由に、
右ホホを平手打ちしたほか、首を絞め全治11か月のけがを負わせました。

ここ数年で騒がれている体罰による逮捕ですが、
容疑者は、「暴力をふるったことは間違いないが、首を絞めつけたりはしていない」と一部否認しており、どこに真実があるのか、解剖していきます。

スポンサーリンク

事件概要

事件概要は以下の通りです。

大阪市立の中学校で、授業中の態度が悪いなどと1年の男子生徒の首を絞めつけるなどしたとして中学校教諭の男が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、大阪市立此花中学校の教諭・尾松大義容疑者(33)です。警察によりますと、尾松容疑者は今月8日午前11時半ごろ、授業中に居眠りをするなど態度が悪いとして、担任するクラスの1年の男子生徒の右ほほを平手打ちしたほか、手で首を締めつけ数回投げ飛ばすなどした疑いがもたれています。男子生徒は首に全治約11日のけがです。

尾松容疑者は警察の調べに対し「暴力をふるったことは間違いないが、首を絞めつけたりはしていない」と容疑を一部否認しているということです。また学校の聞き取りに対し「風紀を乱れさせたくなかった。何度も注意していたが直らなかった」と話しているということです。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00027031-mbsnewsv-l27

我慢しきれず手を出してしまったということでしょうか。

スポンサーリンク

尾松大義容疑者のプロフィール

尾松大義容疑者のプロフィールは以下の通りです。

氏名尾松大義
年齢33歳
住所大阪府豊中市東豊中町
職業中学校教諭
逮捕理由傷害
スポンサーリンク

尾松大義容疑者の顔


逮捕され起訴される前に顔が公開されています。
現代の体罰は、やった方が確実に悪となりますので、このような形で公開されているのでしょう。

今回の事件の報道動画

今回の事件はこちらで報道されています。


全国に顔を晒す結果になりました。

現代の教師は多くのリスクが伴いますね。

今回の事件の事件現場

今回に事件は、中学校で発生していることから、大阪市立此花中学校が現場となります。

事件の詳細

中学校の男子生徒が居眠りをしており、態度が悪いとして、
教諭の尾松大義容疑者が暴力をふるい逮捕されました。

被害にあった男子生徒は全治11日の大けがを負っています。

何度も注意してもなおらなかったということで、暴力に発展してしまったようです。

SNS情報は?

Facebook特定しました。
https://www.facebook.com/hiroyoshi.omatsu

関西外語大学卒業ですのでおそらく英語の教師かと思われます。

ネットの反応は?

・防犯」カメラを教室、廊下、体育館、等々に設置して24時間録画すればいい。
教師と生徒、どちらに問題、非があるのか分かるし、いじめの抑止にもなるだろう。
問題が多発している以上、監視されたくないなどと言ってる場合ではない。

・質悪いのは暴力がダメなことを生徒が理解していて、攻撃してくるケース。
なんでもかんでも悪いでは何も出来ない。それでもダメなら教師はロボットにすべきです。

・もう、やめましたが学校で働いているとき、あまりにも態度が悪くなる男の子にスマホで動画撮ってお母さんに送っていい?と、笑顔で聞いたら、ズサーっと顔が青くなって舐めた態度取らなくなったことがあります。小学校ですが。お互いのために、カメラつけるくらいしてもいいのでは…?首持って投げ飛ばしたらアウトだし、先生舐めすぎるのもアウトでしょう。

・暴力は絶対ダメなのはしょうがない。

・上手く言えないが手を出したくなる様な生徒に先生が手を出さなくてもすんで、
風紀が守られる方法は無いものだろか…
なんか先生の負担が多すぎな気がする。

・この学校の大変さは世間ではあまり知られていないのが現実。
授業中に踊り場で小便をしたり、校内のあちこちにタバコの吸い殻が散らばる学校。
風紀を良くする事は不可能に近い。なあなあでやっていくしかないのが現実。
生徒にしばかれて被害届を出さなかった先生方も多数います。この現実を知って頂けたらと思います。

・昔はゲンコツや平手打ちなんて普通だったけど、今は絶対ダメな時代だから先生も大変だ。
怖い先生は一定数は必要。女の新人先生なんて小学生でも舐めてかかるからね。親の教育がそもそも悪い生徒増えすぎ!

この当該学校の内情をご存知の方もいますね。

本当だとしたら、質の悪い学校のようです。

今回の事件のまとめ・見解

実際に、このよな事件が多く起きれば有能な教師はいなくなってしまうのではないでしょうか。

荒れている生徒をいかに更生させるか、言葉で注意しても何も改善されない生徒には何をしたらよいか。

過度な暴力は考え物ですが、言葉が通じない動物に対して、どのように接するか。

コメントにもあったように、カメラを取り付けるのもよいでしょう。
プライバシーなんて言っている場合ではない時代だと思います。

暴力等に対して、教育委員会が教師を見張っているだけ見張ってして、
素行不良の生徒を罰することはないですよね。

特に、義務教育の公立中学校では停学などの罰も与えることができない。

暴力はダメ、躾ではない、など、ワイドショーで当事者でもないコメンテーターが騒いでいますが、
親がまともに教育できない家庭が多くなっているこの時代、
教師や学校を守る制度を本気で考え実行するシステムが必要です。

スポンサーリンク
おすすめの記事