三重県鈴鹿市で、野良猫を虐待している映像が
防犯カメラにより撮影され、警察が事実関係を調べています。

野良猫は、近所の「ボランティア」の女性により、世話をされていました・・。

スポンサーリンク

事件概要

事件概要は以下の通りです。
SNSに投稿された、ある動画。
男がとった行動に波紋が広がっている。

懐中電灯で猫を照らす男。
突然、猫をけり上げようとする。

これは、3月8日の夜、三重・鈴鹿市で、建物内の防犯カメラがとらえた映像。

さらに16日には、袋から餌を取り出し、猫たちをおびき寄せる様子が。

男は、近づいてきた1匹の首に、ひものようなものを巻きつけ、暴れる猫を連れ去っていった。

猫の世話をしている女性は、「あの映像を見た日から吐き気が止まらずに、ご飯もまったくのどを通らないので。夜、目をつぶれば、あの子の悲鳴が聞こえるような気がして眠れない。とにかく早く帰ってきてほしい」と訴えた。

十数年前から、捨てられた猫たちの世話をしている女性。
建物の所有者の了承を得て、敷地内で38匹の猫の世話を続けていた。

連れ去られたのは、「はと」と名づけられた、生後半年ほどのオス猫。
その安否は、まだわかっていない。

異変の始まりは、2018年の10月ごろ。
発泡スチロールで作った猫用の小屋などが、何者かに破壊されたという。

猫の世話をしている女性は、
「上から重たいレンガとか石を投げつけて、もうボロボロ。ひどい状態でした」と話した。

この出来事をきっかけに、防犯カメラを設置。
そして、3月8日の午後10時半すぎに映ったのが、猫をけり上げようとする映像だった。

その8日後の16日、午後3時ごろに撮影された映像。
男は青っぽい色の服を着て現れ、袋から餌を出して猫をおびき寄せた。

すると、男は餌の袋からひもを取り出し、夢中で餌を食べる猫の首に巻きつけた。

猫の世話をしている女性は、
「同じことをしてやりたい。自分がこういうことをされたときの苦しみって、考えられる人は考えられるのに、それができない。人間じゃないなと思います」と話した。

女性は、動物愛護に取り組む鈴鹿市内のNPO(民間非営利団体)を通じ、17日、警察に相談。

警察は、動物愛護法違反の疑いもあるとみて捜査している。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190319-00414501-fnn-soci

動物虐待は卑劣ですね。
なぜこんなことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

容疑者プロフィール

今回の事件ではまだ逮捕者が出ていません。

逮捕されるとしたら動物愛護法違反となるようです。

逮捕者がでたら更新していきます。

スポンサーリンク

今回の事件の報道動画

狂ってますね。

今回の事件の事件現場

今回に事件は鈴鹿市で発生しています。

事件の詳細

三重県鈴鹿市で、ボランティアの女性が飼育していた
野良猫が虐待されている映像が防犯カメラによって撮影されました。

犯人は、エサで猫を呼び寄せてから虐待に及んでおり、犯行の卑劣さがうかがえます。

犯行動機とは

・ネコが多すぎて鬱陶しかった

・弱い者いじめをしたい。

大きな犯行動機の予測としてはこのあたりでしょうか。

ネットの声は?

・連れ去られた猫の安否が心配。
子供を狙った殺人事件を起こす人がその前に動物を虐殺してる話がよくあるから。
ここまでする人はそのうち人間にまで危害を加えたくなりそう。
早く身元がわかる事を願う。

・蹴っ飛ばすだけじゃなく、
ヒモで、くくって振り回してた。しかも
連れていった。ねこ苦しくて
めっちゃ、暴れてた。むちゃくちゃやー。
かわいそうに。。。

・動物虐待の恐れではなく、こんなに酷い事しておいて、顔を隠す必要がありますか?顔公開したら、捕まる可能性も高くなるし、「この人知ってる」て情報もあると思う。何より連れ去られた猫ちゃんが無事に戻る事を祈ります。

・この建物だけど、敷地内に自由に入れる状態なのが「保護」といえるかどうか・・・
猫も自由に外と行き来していることに腹を立てたのか?
いずれにしても、蹴り上げてひもをつけて引っ張っていくのは虐待以外の何物でもないが、保護している側にも問題があるように見える。
しっかりとした設備で保護し、犯人を逮捕して同じように蹴り上げて、ひもで縛って引き回しにしてやればいい。

・虐待の現場が映っていないからと警察はまた大した罪に問おうともしないんだろうけど、こういうことをする人間が、精神的に安定しているはずはない。
連れ去った猫の健在を証明できないなら、その時点で生命に対する重大な損壊を与えた可能性も含めて裁けるような法律を整えてほしい。
いくら嫌いでもしてはいけないことがある。それすら分からないんだから

・世話をする女性って言うけど、どーせエサと水と寝る場所の提供まででしょ?
自分の家のとなりにこんな施設があって、庭に毎日たくさん猫の糞があると思うとゾッとするな。これを老人ホームにおきかえると、とんでもない話だもん
もちろん虐待はいけないけど、ボランティア女性の中途半端な世話が虐待を誘発してるのも事実だろう。

今回の事件のまとめ・見解

どんな動機であっても、動物を叩いたりするのは違いますよね。

もしかしたら、世話をしているせいで、猫が集まりすぎて、容疑者に被害があるのかもしれませんが。

しっかりとした調査が必要のようです。

スポンサーリンク
おすすめの記事