だいたひかるさんをご存知でしょうか?
最近はあまりテレビには出られていませんが、
女性ピン芸人で一躍有名でした。

今現在はテレビで女性芸人が多く出ていますが、
彼女はまだ女性芸人があまり浸透していなかった頃に活躍していました。

今の女性芸人の時代を作ったといっても過言ではありませんね。

ピン芸人の最高を決める大会R-1ぐらんぷり初代チャンピオンでもあります。

そして結婚してから乳がんが発覚して・・・
2016年に右乳房全摘したことをテレビで告白していました。
詳しく調べましたので見ていきましょう。

スポンサーリンク

だいたひかるのプロフィール

生年月日:1975年05月25日
身長/体重:158.8cm /48kg
血液型:O型
出身地:埼玉県 埼玉県東松山市
趣味:ビールを飲む/映画鑑賞/読書/発明/文房具集め/短歌・俳句/手芸
特技:独り言/料理

38歳のとき、
アートディレクターとして活躍する小泉貴之さん(39)と再婚。

妊活を重視して仕事をセーブしていたため、
最近ではテレビで見かける機会も少なくなっていた。

そんな中、16年の初めに乳がん検診で乳がんが発覚してしまいます。

リスクは最小限にということで、右乳房を全摘出することに夫婦で決めた。

かなりつらい決断だったと思いますが、夫婦でなんとか乗り切りました。

しかし術後にリンパに転移してことが判明。
ステージIIB。脇の下も切除し、腫瘍は周りの組織と一緒に45ミリの塊を取り出していて、
大きな手術になったそうです。

その後は無事に退院してホルモン治療中で1日1錠、
薬を飲んでいるという生活になりました。

スポンサーリンク

今回の再発の状況は?

今年2月下旬のブログで、全摘した方の右胸にしこりが見つかり、
「切除手術をして、良性か悪性か見極めることになりました」と告白。

今月6日に胸のしこりの切除手術を受けていたことも明かしています。

3月20日に更新したブログでは、「検査結果は再発でした」と説明。

「全摘しても再発するのか…と皆さんの不安を煽りそうで嫌なのですが、
全摘して再発する人はごく稀なケースなので、全摘した皆様ご心配なくです。

これから薬を変えたり、放射線をするなど次の手を打ちます」と
今後、放射線などの治療を受けることを伝ええていました。

だいたは年に1回の検査を受けており、
「4ミリという、小さい時点で見つけられた事を喜びとして、
(今回見逃して1年後にどれ位になるか考えるとゾッとします)
ガンはしつこいですが、ガンよりしつこく治療していこうと思います」と
早期発見だったことを前向きに受け止め、再びがんと闘う決意を記した。

本当に定期健診で見つかってよかったです。
早期発見出来たことが不幸中の幸いといえうでしょう。

スポンサーリンク

今後の生活は?

乳がんの再発は,手術後2,3年以内に起こることが多いのですが
,10年後や20年後に現れることもあります。

再発の時期は,病気の進行度や乳がんの性質によって大きく異なりようです。

乳がんの遠隔転移は,骨(特に背骨や肋骨)や肺,肝臓,脳などに
起こることが多いのですが,その症状は人によってかなり違い,
何らかの症状を伴う場合もあれば,まったく自覚症状のない場合もあります。

だいたひかるさんの場合は、
まだ再発が分かっただけで詳細が分からないですが
諦めずに頑張ってほしいです。

「小さい時点で見つけられた事を喜びとして、
ガンはしつこいですが、ガンよりしつこく治療していこうと思います」と
ブログに書いています。

今後は経験したことのない放射線治療も受けるという。

また「全摘して再発する人はごく稀なケースなので、全摘した皆様ご心配なくです」と、
ブログ読者を気遣っていたそうです。

まとめ

本来、再発が分かったことで本人が一番つらいでしょうし、
大変かと思いますが周りの人を気遣ったりしていて本当に強い方だなと感じました。

こんなに強い方ならきっと病状も良くなると思います。
完治できることを心から祈ります。

スポンサーリンク
おすすめの記事