子供から大人まで、多くの人を虜にするディズニーランド。

ディズニーランドには数多くの魅力的な
アトラクションがあるのですが、
待ち時間が長いことで知られています。

人気アトラクションの場合60分、
日によっては120分待ちというケースも…。

60分、ましてや120分なんて待っていられないですよね。

そこで導入されたのが、
ファストパスという画期的な制度です。

アトラクションの前に券売機が設置され、
ファストパスをゲットすれば、
指定された時間にアトラクションへ行けばいいため
並ぶ必要なしというもの。

長時間並ばなくても良くなるようにと導入された
ファストパスの制度ですが、
現在ファストパスを取るために
行列ができるアトラクションも…。

そこでディズニーランドでは、
2019年夏からファストパスの仕組みが変わります。

今回はこの新たな仕組みについて注目していきます。

スポンサーリンク

新しい制度を導入!スマホでのファストパスの取得方法について

ファストパスとは、少ない待ち時間で効率良く
アトラクションを楽しむことができるよう
導入された画期的なシステムとなります!!

それぞれのアトラクションの前に
券売機が設置されており、
そこからファストパスを
入手することができます。

入手方法は入場ポートを用意し、
読み込むだけ!

入手したファストパスには時間が
記載されているため、
後は記載された時間に
ファストパスを持って
専用入場口へ行けばOKです。

これが、

現在のファストパスの入手方法となります。

この現在の入手方法が、

2019年夏に変わります。

長時間並ばなくていいようにと
導入されたファストパスの制度ですが、
現在はファストパスを入手するために
行列ができていることが多いです。
(ファストパスには限りがあるため)

この行列を緩和するために、
スマホにてファストパスを
入手することを可能とします!

なんとディズニーランド内であれば、
券売機へ行かなくてもスマホからファストパスを
取ることができると言うのです!

このシステムが導入されれば、
ファストパスを取るために並ぶ必要がなくなります。

ファストパスを取得した後、
一定時間ファストパスを取得することが
できないという仕組みは、
新しいシステムが導入されて
も現在と変わりません。

スポンサーリンク

ファストパス対象の乗り物は?

ディズニーランドでファストパスの
対象となっているアトラクションは以下の通りです。

•ビックサンダー・マウンテン
•スプラッシュ・マウンテン
•プーさんのハニーハント
•ホーンテッド・マンション
•スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
•スペース・マウンテン
•バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
•モンスターズインク″ライド&ゴーシーク!″
•イッツ・ア・スモールワールド

こちらが現在のファストパス対象アトラクションとなります。

2019年夏(7月23日)に新たに登場する
新アトラクション「ソアリン」
ファストパスの対象となることでしょう。

ちなみにスマホでの新システムは、
新アトラクション「ソアリン」のオープンまでには
導入されるとのこと。

スポンサーリンク

スマホ持ってない子供は?

アトラクション前に設置された券売機に並ばなくても
スマホからファストパスを取得することができるという
画期的な新システム。

ですが、

スマホを持っていない人はどうすればいいのでしょう。

スマホを持っていない子供、また大人も少なくありません。

ディズニーランドでは、スマホを持たない人のために、
アトラクション前に券売機を置き、
そこからファストパスを取得できる
従来の方法も残すとのことです。

スマホを持っていない人でも、
これまで通りに楽しめるとなれば安心ですよね。

まとめ

2019年夏に新たに導入される
ファストパスの入手方法について紹介していきました。

•アトラクション前に設置された券売機に並ばなくてもスマホから取得可能
•現在は9つの人気アトラクションのファストパスを取得可能
•従来通り券売機でのファストパス発行も続けるためスマホがなくても大丈夫

これまでファストパスを取得するために、
開場とともにお目当てのアトラクションまでダッシュ
長時間並ぶということがなくなるのはとても嬉しいことです。

新たな制度の導入が、今から待ち遠しいですね!

スポンサーリンク
おすすめの記事