2019年3月27日、モトクロスバイクの練習をしていた、
小学校6年生の斎藤馴くんがジャンプして着地する際転倒し、死亡しました。

被害者の斎藤馴くんは保護具などの着用はしていたのでしょうか。

スポンサーリンク

事件概要

事件概要は以下の通りです。

27日、埼玉県上尾市にあるモトクロスのコースで、練習していた小学6年生の男の子が転倒し、死亡した。

27日午前11時すぎ、上尾市の河川敷にあるモトクロスのコースで、「練習中に事故があった」と119番通報があった。警察などによると、モトクロスバイクの練習をしていた小学校6年生の斎藤馴くんがジャンプして着地する際に、バランスを崩して転倒したという。斎藤くんはヘルメットやプロテクターを身につけていたが、胸などを強く打っていて、搬送先の病院で死亡が確認された。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190328-00000066-nnn-soci

保護具はしっかりとしていたようですね。

打ちどころが悪く、といった感じでしょうか。

スポンサーリンク

被害者のプロフィール

被害者のプロフィールは以下の通りです。

氏名斎藤馴くん
学年小学6年生
住所千葉県野田市
職業小学生

何とも痛ましい事故となりました。

スポンサーリンク

被害者の顔・SNSは?

今回は事故なので、被害者の深掘りは避けます。

今回の事件の報道動画

映像からわかる通り、バイクの競技ですので、事故=大けが以上につながる可能性は高いですね。

今回の事件の事件現場

今回に事故は、埼玉県上尾市にあるオフロードビレッジウエストポイントが現場となります。

事件の詳細

千葉県野田市に住む、斎藤馴くんがモトクロス練習中に誤って転倒しました。
被害者はヘルメットなどの保護具は付けていましたが、胸を強く打ち死亡しました。

少し打ちどころが違っていたら、死亡にがつながらなかったかもしれません。

ネットの反応は?

・日々、大ケガも覚悟の上だったと思います。
大会を目前に、練習にも気合いが入っていたはず。最悪の事態となり、ご親族の心情を思うと胸が痛みますね‥

・命懸けでやるスポーツ、昔モトクロスやってる時に大怪我した人がいて、長い間コースが使えなかった事があった、今はマシンの性能も上がりより遠くより速くになったが危険度も上がってるから十分気を付けないとね。

・スポーツに怪我はつきものですが、まだ小学生なのに悲しい……大会に向けてより一層練習に力がはいっていたんだろうな。 」

・プロテクターつけたて亡くなるなんて運が無かったのかなぁ

・親御さんはこういうことになる覚悟していたのかな。悲しいですね。

Yahoo!コメントに寄せられたコメントより引用させていただきました

今回の事件のまとめ・見解

スポーツによっては危険度は異なりますが、野球でも、打球が頭部に当たったり、スケートでも転倒し頭部を強打することがあります。

ですので、モータースポーツなので、と結論付けるのは違いますが、本人も親御さんにとっても運が悪く、最悪の事故となってしまいました。

今回の事故を踏まえて、事故を防ぐためには、大事故につながらない為には、という調査を徹底的に行い同じような事故を出さないよにしてほしいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事