海外交流プログラムとしてオーストラリアを訪れていた高校1年生の2人が、
現地で死亡した事件に関して、高校側が会見を行いました。

集合写真を撮ろうとしたときに、2人がいないことに気がついたということです。

スポンサーリンク

事件概要

オーストラリア東部にある世界遺産の島で、日本から海外交流プログラムで現地を訪れていた高校の男子生徒2人が死亡した。2人が通っていた高校が会見を行った。

神奈川大学附属高校 校長「ビーチでみんなで集まって写真撮影をしようという場面で、2人がいないと教員と生徒が気がついたということです」

亡くなった2人は高校1年生で、ほかの13人の生徒や教員らと共に24日に出国し、31日に帰国する予定だったという。学校は、死亡事故の原因を詳しく調べると共に再発防止を徹底するとしている。

引用元:NNN

留学中に高校生が死亡するという事故。

しかも2人も。

明らかに2人一緒にいて、何かしら明確な原因があると見て間違いないでしょう。
地元警察は、湖で溺死したと見ていますが、今後の捜査の進展に注目です。

スポンサーリンク

被害者のプロフィール

氏名不明
年齢高校1年生
住所不明
職業神奈川大学付属高校
死亡理由溺死/td>
スポンサーリンク

顔写真や事件映像

ニュースでも取り上げられました

事件の現場は?

オーストラリアの東部にある世界遺産の島、フレーザー島です。ここの湖です。
フレーザー島
オーストラリア 〒4581 クイーンズランド フレイザー・アイランド

世界遺産で、多くの観光客で賑わいます。

事件詳細

事件が起こったのは、オーストラリアの東部にある世界遺産の島、フレーザー島です。

この島の湖で、高校生2人が溺死したと見られます。

3月29日の夕方に行方が分からなくなり、30日の午前中に湖で死亡しているのが発見されました。

犯行動機・被害者情報

死亡した2人は、神奈川大学付属高校の高校1年生でした。

被害者のSNS情報は?

被害者のFacebookなどについて調査をしましたが、結果、本人を特定することはできませんでした。

ネットの反応は?

Yahoo!コメントなどに寄せられていたコメントを、一部引用させていただきました。

「なにがあったんだろう。親のことを思うといたたまれません。」
「事故判断が足りない分、危険が増加する。少しの不運だけで怪我や命を落とす。社会科見学を舐めないでほしい

まとめ

今回は、オーストラリアの観光地で死亡した高校生2人と、高校側が開いた会見についてまとめました。
まだ若い命が2つなくなってしまい、心が締め付けられる思いです。
あとは、原因や当時の状況、学校側の対応が適切だったのかなどを調べていってほしいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事