2019年4月13日、千葉県船橋市で遮断機の棒を切断したとして、中野勝徳容疑者が逮捕されました。
中野勝徳容疑者は、ひとりでいたわけではなく、妻と一緒にいました。

なぜ、このような犯行に及んだのか、妻の心情を紹介します。

スポンサーリンク

事件概要

事件概要は以下の通りです。

踏切の遮断機の棒を切断したとして53歳の男が逮捕された事件で、一緒にいた妻が「止めたけど、行ってしまった」などと語った。

この事件は13日、千葉・船橋市の踏切で遮断機の棒をノコギリで切断したとして、自営業の中野勝徳容疑者が警察に逮捕されたもの。

中野容疑者は棒を切断した後、車を運転して踏切をわたったが、車に同乗していた妻が14日、取材に応じた。

中野容疑者の妻「急いでて、(踏切が)もう絶対開かないんじゃないかなって。これ以上、絶対開かない。人身事故だなって感じだったので。あーもうだめだっていうか、(止めたけど)行っちゃって、(遮断機の棒が)切れちゃうとも思わなかったし。これはもうまずいなぁって。絶対に警察に捕まることはわかりますよね」

当時、この踏切は人身事故の影響でおよそ30分間、通れない状態だったという。

中野容疑者は調べに対し「仕事があるのに車が動けなくなっていて腹が立ち、やってしまった」などと容疑を認めているという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190414-00000092-nnn-soci
スポンサーリンク

中野勝徳容疑者のプロフィール事件概要

中野勝徳容疑者のプロフィールは以下の通りです。

氏名中野勝徳
年齢53歳
住所千葉県市川市
職業自営業(板金工)
逮捕理由器物損壊

事件動画はツイッターで話題になっています。

スポンサーリンク

今回の事件の報道動画

今回の事件はこちらで報道されています。
こちらの報道番組からも事件の一部始終が報道されています。

https://www.msn.com/ja-jp/news/video/%E5%AE%B9%E7%96%91%E8%80%85%E3%81%AE%E5%A6%BB%E3%80%8C%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%81%9F%E3%81%91%E3%81%A9%E2%80%A6%E3%80%8D%E9%81%AE%E6%96%AD%E6%A9%9F%E3%81%AE%E6%A3%92%E5%88%87%E6%96%AD/ar-BBVUInr

今回の事件の事件現場

今回に事件は、千葉県船橋市宮本、京成本線の船橋競馬場駅〜谷津駅間が現場となります。

妻の心情とは

報道でもあります通り、「止めたけど行っちゃった」ということです。
事件当初、記者が、妻に取材しています。

記者「のこぎりを持って車から出た?」
中野容疑者の妻「そうですね」
記者「車に戻ってきた時、中野容疑者は何か言っていた?」
中野容疑者の妻「特に何も言ってなかった。わたしもびっくりしちゃって記憶にない」
 
『ずっと開かない』と言っていたから、それでイライラしてやったのかなって。(中野容疑者は)温厚ではない。職人かたぎですからね。ちょっと短気なところもある」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp

このように話してはいますが、妻として、止められなかったのでしょうか。
ただ、車に乗って切断している光景を見ていただけなのでしょうか。

妻に罪に問われない?

現在の所、妻に罪が及びことはなさそうです。

・実行犯ではない
・指示したわけではない
・切断した道具が妻の所有物ではない
・その他影響を与えていない

などがあげられますが、進展状況によっては変化する可能性もあります。

ネットの反応は?

当然許される行為ではないけど、人身事故で電車が動かないのが分かってて踏切だけ開かないって鉄道会社も何かしらの対策を考えて欲しいよね

やってはいけないが、以前から気になっていたが、普通列車が駅に到着する前に遮断機を下げ乗客の乗り降りするあいだまで待たせる鉄道会社の傲慢さには腹が立っている。
人身事故の対応の大変さはわかるが、周辺への迷惑も配慮して、この場合は速やかに上げるべき。
彼のこと以外にも大きな商談の損失がでたら責任を取るのかとききたい。

電車が遅延した時、加害者に莫大な損害賠償するくせに利用客には何も還元しないのがおかしい。遅延証明書出せばいいってもんじゃないでしょ。

Yahoo!コメントに寄せられたコメントより引用させていただきました

今回の事件のまとめ・見解

今回は妻に対してに意見よりも、開かずの踏切に対してのコメントであふれています。

通勤時間帯は、車も電車も数が多く、さらに踏切が開かないとイライラするものです。

そして動画見てもわかる通り、切断後、遮断機が下りている状況なのにもかかわらず、周囲に人、バイク、車は通行を始めています。

切断した容疑者は器物破損で、もちろん罪ですが、ここで渡り始めた人間たちも同罪ではないでしょうか?

気持ちはわかりますが。

そして、妻。

インタビューではこのように答えていますが、実際は踏切でイライラしており、ただ傍観してただけでは?

と思ってしまいますね。

スポンサーリンク
おすすめの記事