2019年4月17日(水)の朝、いつものようにニュースを見ていたら、
「ルパン三世」の生みの親である漫画家・モンキーパンチさんが死去していたという驚きのニュースが飛び込んできました。

ニュースによると、4月11日(木)に亡くなったとのこと。

そこで今回は、故・モンキーパンチさんについて注目していきたいと思います。

なぜ「ルパン三世」は誕生したのか。
死因・闘病中の様子。
遺産はどのくらいであるのか。

多くの人が気になっている情報を調査し、SNSネットでの反応もまとめていきます。

スポンサーリンク

ルパン三世のきっかけ

モンキーパンチさん(本名:加藤一彦)が漫画「ルパン三世」を描き始めたのは、1967年のこと。当時30歳でした。

「ルパン三世」の誕生のきっかけとなったのは「トムとジェリー」だったそうで。

「トムとジェリー」といえば、ネコのトムとネズミのジェリーが繰り広げるドタバタ劇場ですよね!

そのドタバタ感をおもしろいと感じ、「あのおっかけをやらかしたらおもしろいなと思った」とモンキーパンチさんは生前にコメントしていました。

そこから生まれたのが、ルパンと銭形警部です。

モンキーパンチさんは、銭形警部が一番のお気に入りだったんだとか。

スポンサーリンク

死因・闘病中状況 

モンキーパンチさんは、2019年4月11日(木)に81歳で亡くなりました。

死因は誤嚥性肺炎でした。

誤嚥性肺炎とは、加齢または疾患により嚥下機能が低下してしまい、
食べ物が誤って肺に入ることで、炎症を引き起こしてしまう病気です。

モンキーパンチさんは、
特に疾患を持っていたというわけではなさそうなので、
加齢による嚥下の低下により、誤嚥性肺炎を引き起こしてしまったことと思います。

スポンサーリンク

遺産はどのくらい?

モンキーパンチさんといえば、「ルパン三世」で知られる超有名漫画家です!

1967年に漫画「アクション」により連載をスタート。
漫画は1967年に終了しましたが、1971年にはアニメがスタートします。

1971年にアニメがスタートし、現在でもまだ新作を作り続けていました。

そのため、モンキーパンチさんの死去に驚いた方は多かったと思います。

偉大な漫画家が亡くなった場合、少し気になるのはお金の話。
おそらくかなりの金額を稼がれたと思います。

そのため、遺産はかなりのものになったのではないでしょうか。

遺産について調査してみたのですが、金額は出てきませんでした。
(当たり前ですね…)

ですが、おそらくかなりの金額、億はあるのではないでしょうか。

モンキーパンチさんは、29歳のときに結婚しています。
2017年には「ルパン三世」生誕50周年とともに、金婚式を挙げたんだとか!

気になる子供についてですが、

こちらのツイートから、最低でも2人の子供が居ることが分かります。

そのため、モンキーパンチさんの遺産は、奥さんと子供が相続することになるでしょう。

億になるのではと言われるモンキーパンチさんの遺産。
相続税がものすごいことになりそうですね…。

SNSネットの反応は?

モンキーパンチさんの突然の訃報に、多くの人が悲しんでいます。

モンキーパンチさんの訃報に驚いている人は多いようです。

そして、多くの人がこれからも「ルパン三世」は続いてほしいと言っています。

2018年にさくらももこさんが死去してまだ日が経っていないにも関わらず、
今回のモンキーパンチさんの訃報。

多くの人の記憶に残る人が亡くなってしまうことは悲しいことです。

ですが、きっと多くの人の心にこれからも生き続けることでしょう。

まとめ

「ルパン三世」の生みの親、モンキーパンチさんの訃報を受け、気になることを今回は調査していきました。

「トムとジェリー」がきっかけとなり「ルパン三世」が誕生
死因は加齢による誤嚥性肺炎ではないか
遺産はかなりの額になると予想!相続は妻と子となるだろう

「ルパン三世」が、令和の時代にも変わらず愛され続きますように。
モンキーパンチさんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
おすすめの記事