問題視されていた高齢者の自動車運転。
2019年4月19日(金)にまた高齢者による交通死亡事故が起きてしまいました。

交通死亡事故の場所となったのは、東京池袋。

乗用車を運転していたのは、飯塚幸三。
旧通産省・元工業技術院長、クボタの元副社長だったんだとか。

今回は池袋で起きてしまった交通死亡事故について調査しまとめていきます。

スポンサーリンク

飯塚幸三が起こした事故原因は高齢でボケてた?

2019年4月19日(金)に東京池袋で起きてしまった交通死亡事故。

乗用車が約150メートルに渡って暴走し、自転車、歩行者を次々と跳ね、自転車に乗っていた母親と娘の2人が死亡。
飯塚幸三を含む、40代~90代の男女8人が重軽傷を負いました。

起こした事故の原因はなんなのか。

乗用車には、ドライブレコーダーが設置されており、事故直前の様子が記録されていました。
ドライブレコーダーのよると、同乗していた妻が「危ないよ、どうしたの」と声をかけており、それに対し「あー、どうしたんだろう」と応じていた様子が記録されています。

その直後に車道左側の金属製の柵に接触し、その後スピードを上げたまま交差点に進入していったものと見られています。

事故直後の様子も記録されており、電話で息子に「アクセルが戻らなくて、人をいっぱいひいちゃった」と電話している様子が映っていました。

「アクセルが戻らなくて」と言っていましたが、車を調べたところ、とくに異常は見られなかったとのこと。

今回の交通死亡事故を起こした飯塚幸三は、現在87歳。

高齢者になると、認知能力が低下することは多くの人が知っている事実です。
87歳という年齢から、間違いなく認知能力の低下が原因であると思います。

スポンサーリンク

家族構成と賠償額は?

交通死亡事故を起こした飯塚幸三について、ネットではすぐに調査を開始。
すると、旧通産省・元工業技術院長、クボタの元副社長であることが明らかになりました。

気になる家族構成ですが、同乗していた奥さん。
そして、事故直後に電話をかけていた息子が居ると思われます。

株式会社クボタの役員の中には同じ苗字の方が居るということなので、もしかしたら息子かもしれません。
(間違っていたら悪いため、名前は伏せさせていただきます)

賠償額についてですが、かなりの額になると思われます。
しかし、任意保険に加入していると思うので、支払うのは保険会社…。

高齢者による交通事故は多発しています。
そろそろ本格的に法案を決定しなければならないのではないでしょうか。

年齢を決め、決められた年齢に達したら、任意保険には加入できない。
そして、免許返納についても本格的に法案を決定するべきです。

スポンサーリンク

ネットSNSの反応は?

多くの人が今回の事故で被害に遭われた親子の死を悲しんでいます。

現時点で、事故を起こした飯塚幸三の逮捕という報道はされていません。

″容疑者″ではなく″さん″と報道されている事実。
逮捕されていない事実。

これらの事実に対し、多くの人が怒りを覚えています。

交通事故は誰がいつ起こすか分かりません。
私も車を運転する人間です。
今日、明日、いつ事故をしてもおかしくないのです。

今回のように相手によって対応を変えるのはいかがなものなのでしょうか。

まとめ

池袋で起きた交通死亡事故について調査し、まとめていきました。

事故の原因は認知能力の低下ではないのか
妻、息子が居る模様。息子はクボタの役員ではないか
賠償額は不明だがかなりの額になると予想
″さん″付けで報道、逮捕されていない事実にネットSNSは大荒れ

交通死亡事故を起こしたことは事実で亡くなってしまった方は戻ってきません。

しかし、被害者遺族のため、今後このような事件が起きないためにも、国を挙げて対策、政策を作ってほしい!

未来ある若い人たちが、悲惨な事故にこれ以上巻き込まれないためにも…。

スポンサーリンク
おすすめの記事