2019年4月21日(日)の午後2時過ぎ、兵庫県神戸市のJR三ノ宮駅前で事故が発生。

市営バスが次々と歩行者をはね、2人が死亡、6人が重軽傷を負ったとのこと。

休日で人通りの多いJR三ノ宮駅前が一時騒然となりました。

なぜ事故が起きてしまったのか。

今回は市営バスによる交通死亡事故について調査しまとめていきます。

スポンサーリンク

事故当時の状況は?

2019年4月21日(日)に起きた市営バスによる交通死亡事故。

事故が起きたのは、午後2時頃。
バスの停留所で客を降ろした後、バスが急発進。

信号が赤信号であるにも関わらず急発進したバスは、
横断歩道を歩いている人をはねながら進み、中央分離帯にぶつかり停車しました。

事故を目撃した人の証言によると、
「止まるかなと思ったら、そのままゆっくりなぎ倒していく感じで、目の前で5~6人くらい巻き込まれていた感じはあった。だいたい10km/hくらい、20km/hは出ていないと思う」
と話しています。

事故が起きたのは、人通りの多いJR三ノ宮駅の目の前。
警察や消防、上空にはヘリも駆けつけ、あたりは騒然としていたそうです。

スポンサーリンク

事故原因は一体なんだった?

市営バスを運転していたのは、大野二巳雄容疑者(64)。

警察の調べに対し、「手前のバス停で客を降ろした後、バスが急発進して、人をはねてしまった」と話しているという。

神戸市交通局によると、大野二巳雄容疑者は、
4月21日(日)の午前6時から勤務しており、事故を起こした便がその日最後の運転だったと言います。

事故の原因については、現時点では明らかになっていません。
現在、警察などがバスの状況も含め調査しているとのことです。

事故の原因は操作ミスではないのかと思うのですが、どうでしょう…。

スポンサーリンク

亡くなった人の身元は?

市営バスを運転していた大野二巳雄容疑者の交通死亡事故。

亡くなったのは2人。
20代の女性と20代の男性であるとされています。

女性の名前が公表されました。
明石市の大学生、柳井梨緒さんです。

Facebookについて調べてみましたが、特定には至りませんでした。

もしかすると、2人は恋人かもしれませんね。
デートをしている最中に事故に巻き込まれてしまったのかもしれません。

SNSネットの反応は?

今回の市営バスによる交通死亡事故のSNSネットの反応をみていきます。

事故に遭われた被害者の方のご冥福を祈るコメントがTwitterに多くツイートされていました。

今回の交通死亡事故により、最も多かったSNSネットの反応は、4月19日(金)におきた東京池袋の交通死亡事故との対応の違いについてです。

どちらも交通死亡事故、そして2人を死亡させています。

しかし、市営バスを運転していた大野二巳雄(64)は″容疑者″として報道され、現行犯逮捕されました。

一方、東京池袋でプリウスを運転していた飯塚幸三(87)は″容疑者″ではなく″さん″として報道され、現時点でもまだ逮捕されていません。

この対応の違いは一体なんなのでしょうか。

今回の事件を受け、Twitterでは「上級国民」がトレンド入りしています。

近年、高齢者による操作ミス(?)での交通死亡事故が多発しています。

事故のない世の中になってほしいと心から思います。

まとめ

2019年4月21日(日)に起きた市営バスによる交通死亡事故について調査しまとめていきました。

停留所で乗客を降ろした後急発進し横断歩道を歩いていた歩行者を次々とはね中央分離帯にぶつけり停車した
事故原因は明らかになっていないが操作ミスではないか.

亡くなったのは20代の男性と明石市の大学生、柳井梨緒さん
東京池袋の事故との対応の違いにネットでは非難の声が

高齢者による事故が多発しています。
交通ルールを守っていても事故に巻き込まれてしまうのは、本当に悔しい。

自分の身を守ることができるのは自分だけです。
私たちにできることは、充分すぎるほど気を付けることでしょうか…。

スポンサーリンク
おすすめの記事