2019年5月5日(日)15時20分頃。
宮崎県小林市の宮崎自動車道の下り線で走行中の乗用車が、別の乗用車に追突されるという交通事故が起きました。
報道によると、小学生の女の子1人が意識不明の重体であるとのこと。

この事故の影響で宮崎自動車道、九州自動車道は、現場付近で一部通行止めになっていると言います。

今回は、宮崎自動車道で起きた交通事故の詳細をまとめていきます。

スポンサーリンク

事故の詳細

2019年5月5日(日)に宮崎自動車道で起こった交通事故。

交通事故が起こったのは、15時20分頃。

宮崎自動車道下り、「えびのJCT」から「小林IC」に向かう片側2車線の直線道路で事故は起きました。

走行中の乗用車に、別に走行していた乗用車が追突したのです。

SNSに投稿されたこちらのTwitterを見てみると、事故に遭った車が2台、離れた位置に止まっているのが分かります。

おそらくですが、手前に見える白い車がスピードを出したまま後ろの黒い車に追突し、スピードを上げていたためそのまま直進してしまったのではないでしょうか。

現在、警察が事故の詳しい状況を調べているといいます。

スポンサーリンク

ニュースでも取り上げられました

スポンサーリンク

被害者の身元・容態は?

宮崎自動車道で起こった今回の事故。

男女5人が病院へ搬送され、このうち小学生の女の子1人が意識不明の重体であると言います。

事故現場を通ったという方のツイートを発見したのですが、現場では救急隊員の方が女子小学生に心臓マッサージをしていたと言います。

もしかすると事故が起きた当時、心臓は止まっていたのかもしれません…。

意識不明の重体、この言葉は交通事故でよく聞かれます。

意識不明になっても、病院に搬送されすぐに意識が戻ればいいですが、なかなか意識が戻らないことも少なくないと言います。

こうした意識が戻らないことは遷延性意識障害、また植物状態と言うそうで…。

女の子の意識がはやく戻ればいいですが、現時点での症状は不明となります。

そして身元も現時点では判明されていません。

渋滞・通行止の影響は?

今回の交通事故の影響で、一部通行止めとなりました。

一部通行止めになった区間は、

宮崎自動車道「えびのJCT」と「小林IC」の下り線
九州自動車道の「えびのIC」と「栗野IC」の間の上り線
九州自動車道の「えびのIC」と「えびのJCT」の下り線

こちらの区間となっています。

通行止めになったこちらのどの区間も多くの車が行き来する区間です。

交通事故が起きた5月5日(日)ゴールデンウィークということもあり、多くの車が行き来していたと言います。
そのため、今回の事故により多くの人の足に影響が出ることとなりました。

SNSネットの反応は?

では最後に、今回の交通事故に対するSNSネットの反応をみていきます。

「えびの 事故」で検索してみると、多くの人が事故渋滞にはまっていました。

こうした交通事故で渋滞にはまった人たちのツイートを見ると「ゴールデンウィークにはほんとうに出かけたくないな」と思いますね…。
毎年ゴールデンウィークは事故が多いですが、今年は特に多い気がします。

意識不明の重体と報道された女の子を心配する声もありました。
本当に、意識が戻り復活してくれるといいのですが…。

まとめ

5月5日(日)に宮崎自動車にて起こった交通事故についてまとめていきました。

えびのJCTから小林ICに向かう片側2車線の道路を走行していた乗用車が別の乗用車に追突されるという交通事故が起きた
男女5人が病院へ搬送そのうちの一人である女子小学生が意識不明の重体
多くの人が事故渋滞にはまっている様子

史上初となった最大10連休のゴールデンウィーク。
明日がいよいよ最終日となります。

最終日の明日、交通事故が起きませんように。
ドライバーの方々は、くれぐれも交通事故が起きないよう安全運転で。

特に高速道路を運転される方は、ほんとうに気を付けて。

スポンサーリンク
おすすめの記事