2019年5月11日、午前8時ごろ、新名神の甲賀土山IC付近で車両火災がありました。
土曜日の朝に起こった今回の事故。平日はないため、通勤の方が少なかったのが不幸中の幸いでした。しかし、それでも多くの人に影響を与えたことは確かなので、事故内容を知る必要があるでしょう。

今回は新名神甲賀土山IC付近で起こった車両火災について調べていきます。

スポンサーリンク

事故当時の状況は?

かなり煙がたって、遠くからでも事故が分かった模様です。これだけ大きな事故だと、多くの人に影響を与えたことでしょう。

スポンサーリンク

被害者の身元情報は?

事故を起こした車の所有者は明らかになっておりませんが、写真から察するに、男性が数人乗っていたと見られます。

スポンサーリンク

通行止め渋滞の影響は?

午前8時ごろから9時半ごろまで、新名神の一部は通行止になっていました。そのため、この時間帯は渋滞が発生しておりました。渋滞が発生していたのは、上り線甲南ICから、甲賀土山ICの間でした。

SNS・ネットの反応は?

新名神甲賀土山IC付近で起きた車両火災についての、ネットの反応を見てみましょう。

迷惑がっている人から怖い思いをしている人まで、反応は様々です。人によっては、朝の急ぎの時間に起こった事故なので、迷惑がるのも当然でしょう。
ゆずのライブを見にナゴヤドームに行く人も多かった様子です、また、いつ爆発するかもしれない恐怖心を抱くのも納得できます。

まとめ

5月11日の午前中に新名神甲賀土山IC付近で起きた車両火災についてまとめました。運転していたのがおそらく男性たちであること、朝の時間帯に1時間以上渋滞していたことが明らかになりました。なぜ炎上したのかなど、詳しい状況はまだ捜査中ですが、いずれにせよ、大きな被害がなくて良かったです。

スポンサーリンク
おすすめの記事