北九州市小倉北区の認可外保育施設で、保育施設に通う当時2歳の男児にカナダ人の男性講師が暴力行為を行ったことが5月14日(火)に明らかとなりました。

報道によると、事件は元同僚がSNSで告発したことで明らかになったと言います。

保育施設は、働いているなどの理由で自宅で保育できない保護者の代わりに、子どもたちを安全に保育するために作られた場所です。

安全に保育する場所であるにも関わらず起きてしまった暴行事件。
なぜ、暴行事件は起きてしまったのか。

事件について詳しくみていくとともに、事件のあった保育園、また暴行した保育士の特定、園児の容態など気になる情報を調査しまとめていきます。

スポンサーリンク

事件の概要と詳細は? 

事件のあった保育施設は、1歳半から6歳までの未就学児を保育するための施設で、英語を母語とする講師による英会話のレッスンが行われていました。

英語を母語とする講師、こちらが今回の事件を起こした人物です。報道によると、講師は40代のカナダ人の男性であると言います。

こちらが事件のあった保育施設に勤務していた保育士が撮影し、会員制交流サイト(SNS)に投稿された動画となります。

動画を見てみるとカナダ人の男性講師は、子供たちにレッスンを行っています。
そして途中、愚図った男児の背中を叩く、強く手首を握るなど暴行したのです。

また、講師が英語で子どもたちを怒鳴っている様子も確認することができました。

実はカナダ人の男性講師は、以前からこうした暴力行為があったと言います。

子どもの口に指を突っ込む、幼児の手を乱暴につかみ上げる、幼児の背後から洋服を掴んで強く引っ張るといった行為が行われていたそうです。

こうした暴力行為の数々は動画として記録されています。

記録された動画を見ると、カナダ人の男性講師から暴行を受け、泣きじゃくる子供たちをなだめる先生たちの姿も、記録された動画には映っていたんだとか。

今回騒ぎになっている動画が撮影されたのは、3月18日のこと。
会員制交流サイトに動画が投稿されたのは、随分前のことだと言います。

実は会員制交流サイトで動画を見た人が一度4月に通報しています。
通報を受けた市は保育施設を調査したのですが、容疑を否認していたんだとか。

そして今回、再び市民から通報があり、事件の発覚に至ったのです。

おそらく市が調査に来たときに保育園側が容疑を否認したため、動画を投稿した元保育士はさらに動画を上げ、告発したのだろうと考えられています。

暴行事件が発覚し、保育施設は5月14日(火)に保護者へ向けた説明会を実施。
説明会終了後、施設の責任者は取材に対し「顧問弁護士とも相談してしかるべき対応を取りたい」とコメントしています。

スポンサーリンク

保育園と保育士の特定情報は? 

暴行事件が起こった保育施設が、特定されています。
どうやら「Little Gems(リトルジェムス)北九州校」ではないかとのこと。

報道されている動画の部屋と、保育園の公式ホームページ画像がほぼ一致していることから、今回保育園が特定されることになりました。

また来ている制服の色が一致していたことも特定された理由となります。

保育士の特定についてですが、ネットに顔写真が載っていました。
現時点で暴行したカナダ人講師の名前は不明です。

報道によると、事件のあった保育園に5年近く勤めていたと言います。

ちなみに今回動画を撮影し投稿したのは、アメリカ人の男性講師なんだとか。
おそらくカナダ人の男性講師とともに英語教育をしていたのではないでしょうか。

報道では元保育士とあったので、事件をきっかけに辞めたのだと考えられます。

スポンサーリンク

園児の容態は? 

カナダ人の男性講師から暴行を受けた当時2歳の男児の容態ですが、特に報道されていないことから、怪我などはしていないと思われます。

暴行は以前から行われていたと言います。

自分の子が暴行されていたとするなら、気付かない親はいないでしょう。
報道に出ていないので、おそらく大丈夫ではないかと思います。

SNSネットの反応は?

SNSで今回の事件の報道についての反応を調査してみた結果、多くの人が暴行していた保育士に対し非難の声。

そして、一度容疑を否認した保育園に対しても非難する声がありました。

まとめ

北九州市小倉北区の保育施設で起きた暴行事件についてまとめていきました。

カナダ人の男性講師は日常的に子どもたちに暴行をしていた疑い
「Little Gems(リトルジェムス)北九州校」の可能性あり
カナダ人男性講師の名前は不明だが顔はネットに公開されている
保育士はもちろん容疑を一度否認した保育園側を非難する声が多数

保育施設に子どもを預け働いている保護者は多く居ます。

全ての保育士が子供に暴行しているわけではありません!!
ですが、こうした事件があると、不安になってしまうのが親です。

親が、子どもが、安心して笑顔で過ごせるように、このような事件は今後絶対に起きないでいて欲しいと心から思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事