2019年5月21日(火)放送の「とくダネ」で特集されていたモンスター返品者が今、SNSネットを中心に話題となっています。

SNS・Twitterではモンスター返品者がトレンド入りしたほど。

「人間のクズ」「ほぼ詐欺」と大批判されているモンスター返品者。

今回はモンスター返品者の実態とその手口について紹介していきます。

スポンサーリンク

モンスター返品者の実態と手口は? 

モンスター返品者とは、使用した商品を返品する人のことを言います。

突然ですがみなさん、通販サイトで洋服などを購入したことはありますか?

「とくダネ」で特集されたことをきっかけに今注目が集まるモンスター返品者は、通販サイトを利用して犯行に及んでいることが分かっています。

通販サイトには、無料返品補償というものがあります。

無料返品補償とは、購入した商品のサイズが合わなかった場合、間違って違うサイズ、色を購入してしまった場合に無料で返品できるというものです。

通販サイトで購入する場合、試着することができないため、実際に着てみて「大きかった」「小さかった」となることは少なくありません。

そういったときに、無料返品補償はとてもありがたいサービスとなります。

この無料返品補償を悪用するのが、モンスター返品者なんです。

モンスター返品者の実際の手口はこちら ↓

正当な理由ではなく、また商品を汚したりしたものを繰り返す行為

正当な理由とはサイズが大きかった(小さかった)、サイズや色を間違えて購入してしまったという理由のこと。

試着と称し、商品を着て1日以上で歩いた上で返品する行為

返品の条件は、未使用(サイズを合わせるための試着は除く)のものです。
1日以上着た洋服は未使用のものではありません。

特定のイベントで使用する目的で購入し、イベント終了後に返品する行為

ダンスやピアノの発表会で着た衣装、入学式や卒業式で着用したスーツを購入し、イベント終了後に返品するというケースが今増えていると言います。

購入した商品とは違うものを返品する行為

高いものを購入し、よく似た安い商品を返品するケースも少なくありません。

モンスター返品者の代表的な手口はこちらとなります。

どれも常識的に考えてありえません!!

スポンサーリンク

犯罪に値しないの? 

モンスター返品者の手口はほんとうにありえない、悪質極まりないです。

もう犯罪行為といってもいいでしょう。

ですが、残念なことに、現在の法律では悪質な返品は犯罪には値しません。
よって、逮捕することもできないと言います。

できることは、悪質な返品をした人をブラックリストへ入れることだそうです。

おかしいですよね!!
モンスター返品者によって、そのお店が潰れる可能性は0ではありません。

汚れた、使用したものは返品されても売ることはできず廃棄となります。
このようなことばかり続けばどうなるでしょう。

損失が増え、お店は潰れてしまいます…。

お客様は神様ではありません。お店を守るため、早急に改善するべきです。

スポンサーリンク

SNS・ネットの反応は?

「とくダネ」を見て、多くの人が大批判しています。

実際に遭遇したモンスター返品者についてツイートしている人も居ました。

ほんとうにありえない。

一方で、このような意見も。

明らかに不良品が届いたなど、お店側が悪いケースも少なくありません。

そうした場合のクレームも、モンスター返品者と言われてしまえば、泣き寝入りするしかない購入者も今後増えてきそう…。

一部の悪質な人のせいで、善良な人が泣き寝入りなんてあってはなりません。

まとめ

「とくダネ」で特集されたモンスター返品者についてまとめていきました。

モンスター返品者とは無料返品補償を悪質に利用し返品を行う人のこと
着用した商品を平気で返品する手口が多いという
悪質な行為だが現時点では犯罪に値せず罰せられることもない

こうした人たちは自分がしていることを「ありえないこと」と思っていません。

みなさん、自分の行動を一度見直してみましょう。
あなたはモンスター返品者ではありませんよね…?

スポンサーリンク
おすすめの記事