2019年5月24日(金)滋賀県の名神高速道路にて、交通事故が発生。

観光バス1台が乗用車4台に衝突、このうち1台が横転する多重事故だったとのこと。
多くの人が怪我をし、中には重体の方も…。

事故の影響で名神高速道路の一部が通行止め、多くの人に影響を与えています。

なぜ、今回このような多重事故が起きてしまったのでしょうか。

今回は名神高速道路で起こった多重事故について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

事故の経緯詳細は? 

多重事故が起きたのは、5月24日(金)の午後4時過ぎ。

滋賀県草津市の名神高速道路上り線の草津ジャンクション付近で、観光バス1台、乗用車4台が接触する多重事故が起きました。

通行していた男性から「観光バスと乗用車数台が関係する事故です」と消防に119番通報があったと言います。

消防によると多重事故により、多くの人が被害に遭い、怪我人は30人にもなると言います。このうちの2人が重体であるとのこと。

今回の多重事故により、名神高速道路は一部通行止めに。

事故現場となった名神高速道路上り線の草津ジャンクションは、名神高速道路、新名神高速道路がちょうど分かれる場所です。

午後5時40分の情報ですが、事故現場となった草津ジャンクションから京都東インターの間で通行止めになったと言います。

多重事故の影響で、多くの人に影響を与えることとなりました。

今回起こった多重事故で、観光バスの運転手(52)が自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕されました。

事故の原因については、現時点では明らかになっていません。

スポンサーリンク

被害者情報は? 

5月24日(金)に名神高速道路上り線の草津ジャンクションで起きた観光バス1台、乗用車4台が絡む多重事故の影響で、多くの方が被害に遭いました。

怪我をしたのは、なんと30人にもなると言います。

そのうちの2人、40代の女性と小学生くらいの女の子が意識不明の重体であることがネクスコ西日本の発表により明らかになっています。

追記
成人女性が死亡と発表がありましたので、40代女性が亡くなった可能性が高いです。

被害に遭った方たちの身元については現時点では明らかになっていません。

スポンサーリンク

当時の状況は? 

では、事故が起こった当時の状況を詳しくみていきましょう。

観光バスが乗用車に次々とぶつかっていったということで、このように観光バスのフロントガラスが大きく損傷しています。

事故が遭った当時、救急車だけでなくヘリコプターも出動したとのこと。

事故直後、人が倒れている姿も目撃されたようです。

Twitterにアップされたこれらの写真から、いかに今回の多重事故が大きな事故であったのかが分かったのではないでしょうか。

SNSネットの反応は?

最後に、SNSネットの反応について調査していきます!

今回の多重事故により逮捕されたのは、観光バスの運転手でした。
この観光バスは「WORLD CABIN」というバス会社であることが分かっています。

実はこちらのバス会社、Twitterでのツイートからも分かるように、評判の良いバス会社ではありませんでした。
行政及び業界から処分を何回も受けているとか…。

今回事故の被害者になった人が不憫でたまりません。

まとめ

5月24日(金)に名神高速道路にて起こった多重事故について情報をまとめました。

観光バス1台が乗用車4台に接触する多重事故が発生
30人が怪我、40代の女性、小学生くらいの女の子が意識不明の重体
観光バスのフロントガラスが損傷し、事故現場では人が倒れていたという
事故を起こした観光バスの会社は以前から評判がよくなかった

意識不明の重体となった2人の安否が気になります。
どうか、意識が戻り、元気に回復されますよう心より祈っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事