2019年5月25日(土)に圏央道で交通事故が発生しました。

まず1つ目は、八王子JCTでの交通事故。
そして2つ目は、青梅ICの近くでバイクが横転転覆事故。

これらの事故が起こった影響により、圏央道の一部で渋滞が出来ています。

今回は圏央道で起きた交通事故の情報について調査しまとめていきます。

スポンサーリンク

事故の経緯詳細は? 

2019年5月25日(土)に起きた交通事故は、圏央道で発生しました。
圏央道(首都圏中央連絡自動車道)は、都心から約40㎞~60㎞を環状に(輪のように)連絡する全長約300㎞の高規格幹線道路となります。

今回事故が発生したのは、圏央道の八王子JCT、そして青梅ICの2ヵ所です。

現時点で詳しい報道は出ていませんが、SNS・Twitterには多くの情報がツイートされており、事故の状況が明らかになっています。

こちらのTwitterでの情報によると、先に交通事故が発生したのは、八王子JCTの方です。
午前6時49分ですでに渋滞していたということなので、その時間よりも前の時間帯で交通事故は発生したということになります。

八王子JCTでは車同士で接触したと見られています。

そしてこちらもTwitterの情報ですが、次に青梅ICで交通事故が発生したようです。
こちらは7時38分ですでに渋滞していたということなので、その時間よりも前の時間帯で交通事故が発生したということになります。

こちらはバイクが横転したとのこと。(単独か他の車と接触かは不明)

バイクが横転し、ガソリンが道路に撒き散らされたと言います。

八王子JCT、青梅ICこの2つの事故の影響で圏央道は渋滞。
現時点でどの区間で渋滞が発生しているのかということは不明です。

ただ、現在も事故による渋滞は続いています。

スポンサーリンク

被害者の身元と容態は? 

5月25日(土)に圏央道で発生した交通事故の被害者についての情報は、現時点では明らかになっていません。
身元が分かっていないことはもちろん、生死についても不明となっています。

今回注目してる圏央道の2つの交通事故のうち1つはバイクによる交通事故です。
高速道路であるためおそらくかなりのスピードが出ていたはず。

その中でバイクが横転したということなので、身体へのダメージはそうとうなものであると考えられます。

事故の詳細が明らかになると同時に、被害についても明らかになるでしょう。

スポンサーリンク

当時の状況は? 

圏央道の八王子JCT、青梅ICで起こった交通事故。
これらの交通事故が発生した当時の状況についてここでは紹介していきます。

圏央道の下り青梅ICの近くで起こった交通事故。
バイクがぐしゃぐしゃになっているという目撃情報を発見しました。

バイクがどのくらいの大きさであるかは分かりませんが、バイクがぐしゃぐしゃになっているということは、かなりの衝撃であったことが分かります。

青梅ICの近くでバイクが横転したことにより、ガソリンが撒き散らされていたと言います。
ガソリンが道路に撒き散らされている状態というのは大変危険な状態です。
下手したら、火事が起きる可能性も…。

現時点で火災が発生という情報は聞かないので大丈夫だとは思いますが。

SNSネットの反応は?

では最後に、圏央道で起きた交通事故によるSNSネットの反応を調査しまとめていきたいと思います。

多くの人が今回の交通事故の影響で渋滞に巻き込まれていることが分かります。

また、高速道路だけではなく下道も事故の影響により渋滞しているとのこと。

まとめ

2019年5月25日(土)に発生した圏央道での交通事故について情報を調査しまとめていきました。

八王子JCTで事故が起き青梅IC近くでもバイクが被害に遭う事故が起きる
事故に遭った方の生死、身元は現時点では不明
青梅ICで起こった交通事故ではバイクがぐしゃぐしゃになり、横転したことによりガソリンが撒き散らされたとのこと
多くの人が渋滞に巻き込まれることになった

圏央道で朝起こった交通事故。
土曜日ということで、家族でお出かけという人も多いでしょう。

事故渋滞に巻き込まれてしまうと、その日の予定が崩れてしまいます。
事故に遭った方はもちろん、渋滞に巻き込まれた方も大変です。

車を運転するドライバーは、くれぐれも注意するようにして下さいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事