1月22日に放送されます、マツコの知らない世界で
「読み聞かせ絵本」の世界を紹介!

読み聞かせ絵本を紹介してくれるのは
内田早苗さん

内田さんはNPO法人「絵本で子育て」センターの絵本講師です

わらべうたマッサージインストラクターの資格を持ち、
一人の男の子を育てるママでもあります。

内田早苗さんは、ブログ「からすのえほんやさん」や
インスタグラムでも随時情報を配信しており、
絵本に関すること以外に日々の生活なども投稿されています

スポンサーリンク

読み聞かせ絵本の内田早苗さんとは?

名前:内田 早苗(うちだ さなえ)

年齢:44歳(2019年1月現在)

出身:大阪

職業:絵本講師

神奈川県平塚市の自宅を開放し、
絵本で子育て教室『きいろいおうち』が開かれています。

そこにはなんと1500冊以上の絵本が蔵書され
定期的に絵本で子育て講座が開催されています。

主に母親を対象に、読み聞かせを子育てに活かす方法や
絵本で子育ての意味など、さまざまな切り口から
「絵本で子育て」を学ぶことができます

絵本講座のテーマはなんと10種類!

興味のある内容だけ受けても、
全部受けても自由という気軽さで多くの親子が参加しています。

『きいろいおうち』
月2回絵本カフェとしても営業しています。

コーヒーを飲みながらゆったりと
内田早苗さんの読み聞かせを聞くことができます。

絵本カフェの日程はブログで知ることができます。

スポンサーリンク

内田早苗さんの経歴は?

絵本講師の活動を2009年から、
そして2011年に自宅教室
『きいろいおうち』を開始しました。

その後、子育て支援施設・商業施設の
イベントなどにも声がかかり、
関東を中心にたくさんの講座の依頼を受け
全国を回っています。

そんな内田さんにも子育てに悩んだ時期があり、
そんな時に「絵本講師」という存在を知りました。

絵本に関する専門的な知識を学び、
絵本講師の資格を取得。

子育てに悩んでいるママの助けになりたいと
自宅を開放し、現在の『きいろいおうち』で
絵本と子育てを伝えています。

スポンサーリンク

内田早苗さんおすすめ!「読み聞かせ絵本」はコレ!

①「しゅっぱつしんこう

この本の主人公ゆたかは、なぜか本物の電車の運転手になってしまいます。
たくさんの動物を乗せたり、ちょっとしたトラブルだって解決しちゃいます!
ゆたかと一緒に電車を運転している気分になりますよ。

②「おさかないちば」

お寿司屋さんの大将に連れて行ってもらった
市場にはたくさんの魚がいっぱい!
市場の活気とリアルに描かれた魚が
今にも飛び出してきそうな迫力です。
魚市場の様子をぼくといっしょに体感しましょう。

③「こぐまちゃんシリーズ」

シンプルな配色と分かりやすい形、
だれもがひきつけられるイラストが人気のこぐまちゃんシリーズ。
幼児の生活に沿った親しみやすいストーリーで
愛されているロングセラーです。

④「ごぶごぶごぼごぼ」

この本は大きな丸や小さな丸と
「ぶくぶく」「ぶーん」「ごぼごぼ」など
不思議なリズムの言葉が並んでいます。

大人はなにこれ?と思ってしまうのですが、
なぜか赤ちゃんの反応は?
色鮮やかな画面と言葉が楽しい
赤ちゃんに読んであげたい絵本です。

⑤「くだもの」

リアルなイラストで描かれたみずみずしいたくさんのくだもの。
丸ごとだったそれが、今度は食べやすくカットされて迫ってきます!
子供と一緒に「おいしいね」「あまいね」など
感想を言い合ってめくっていくのも楽しいですね。

まとめ

絵本を読んであげるというそれだけのことなのに、
毎日を忙しく過ごしているとついつい後回しになりがちです。

おやすみ前の親子の大切なふれあいの時間に、
今夜絵本を読んであげてみませんか。

スポンサーリンク
おすすめの記事