2019年6月10日(月)に、埼玉県八潮市で停電が発生しました。
なんと、約4500軒が停電したとのこと。

4500軒が停電というのは、なかなか類を見ない大停電です。
なぜ、今回このような大停電が発生してしまったのでしょうか。

今回は、埼玉県八潮市で発生した大規模停電について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

停電の経緯詳細は? 

2019年6月10日(月)に、埼玉県八潮市で停電が発生しました。
停電が発生したのは、19時29分頃。

埼玉県八潮市を中心に、千葉県で停電が発生したと言います。

停電が発生した地域はこちら ↓

八瀬6丁目 約800軒
八瀬7丁目 約800軒
大字大曽根 約400軒
大字上原 約400軒
中央3丁目 約400軒
中央2丁目 約300軒
中央4丁目 約300軒
八瀬3丁目 約400軒
八瀬4丁目 約400軒
大字大瀬 100軒未満
大字上馬場 100軒未満
大字西袋 100軒未満
大瀬1丁目 100軒未満
中央1丁目 100軒未満
緑町4丁目 100軒未満
緑町5丁目 100軒未満
八潮2丁目 100軒未満
八瀬5丁目 100軒未満

このように、埼玉県そして千葉県で大規模な停電が発生してしまいました。

電気の普及についてですが、当時は21時半には普及する予定でした。
しかし、21時半を過ぎた現在でも電気は復旧していないと言います。

約4500軒、そして街灯や信号の電気も止まったということなので、普及に時間がかかってしまうのは仕方なかったことであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

当時の現地の状況は? 

大規模な停電が発生したのは、6月10日、午後19時24分頃。
当時の状況ですが、雨が降る、風が強いということはなかったと言います。

豪雨、強風などの自然災害により、停電が発生するというのは多いこと。
ですが今回のように、豪雨でも強風でもないのに、停電、それも大規模な停電が発生してしまうというのはめったにありません。

そこで気になるのは、なぜ大規模な停電が発生したのかということです。

現時点では、まだ大規模停電の原因については報道がされていません。

ですが、おそらく停電の原因ではないかと見られる動画が拡散されています。
それがこちら ↓

こちらの動画を見ると電柱がバチバチと激しい音を立てているのが分かります。
この直後、民家や街灯、そして信号も停電してしまったとのこと。

民家が停電してしまうのが困るのはもちろんですが、街頭、信号も困る。
今回停電した時間帯に外に出ていた人は大変だったと思います。

スポンサーリンク

SNSネットの反応は?

では最後に、大規模停電に対するSNSネットの反応についてみていきます。

突然の停電に、とりあえずTwitterという方が多かったみたいです。
Twitterには「停電中」といったツイートが多く見られました。

また、「停電中」とツイートすることで身バレすることを不安に思う方も。

Twitterでの反応を見ると、多くの人が困っていたことが分かりましたね。

突然ですがみなさん、自宅に懐中電灯やロウソク、マッチなどはありますか?

今回の埼玉・千葉のようになんの前触れもなく突然停電した場合、日頃からの備えが大いに役立ちます。

懐中電灯、ロウソク、マッチを用意しておくことはもちろん、どこに閉まっているのかもしっかり頭に入れておく必要があります。
今一度、見直してみましょう!

まとめ

6月10日(月)に埼玉県・千葉県で起きた大規模停電について情報をまとめていきました。

19時24分頃、埼玉・千葉で約4,500軒が停電した
電柱がバチバチと音を立て燃えている様子が目撃されている
日頃からいざというときのために準備をしておこう

これから日本列島は梅雨入りし、夏になると台風も発生します。
豪雨、強風の影響で停電するということは今後増えてくるでしょう。

いつなにが起きても慌てないように、常日頃から備えておく必要があります。

スポンサーリンク
おすすめの記事