2019年6月13日(木)に、兵庫県西宮市樋之池町の道路で交通事故が発生。
乗用車が歩道を歩いていた保育園児17人、職員2人の列に突っ込んだのです。

そのうちの園児2人が救急搬送されましたが、いずれも軽傷であるとのこと。

兵庫県警西宮署は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、車を運転していた69歳の女を現行犯逮捕しました。

死亡事故にならず、ほんとうによかった。

今回は、6月13日(木)に起きた交通事故について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

事故の経緯は? 

2019年6月13日(木)午前9時50分頃。
事故が起きたのは、兵庫県西宮市樋之池町の道路です。

事故当時、保育園児17人は、職員2人に連れられお散歩をしていたと言います。
そこに、69歳の女が運転する乗用車が突っ込んだということです。

乗用車は、片側1車線の道路から、病院の駐車場へ右折で入ろうとしていました。園児たちが歩いていたのはちょうど病院の入り口近く。

(阪急甲陽線苦楽園口駅から約500mほど離れた住宅街であるとの報道)

兵庫県警によると乗用車が操作を誤ったため、事故が起きたのではとのこと。
詳しいことは、現在調査中となっています。

スポンサーリンク

容疑者の身元特定情報? 

兵庫県西宮市樋之池町で保育園児、職員が被害に遭った交通事故。

乗用車を運転していた69歳の女は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕されました。

この容疑者の女性について、身元が特定されています。
報道によりますと、乗用車を運転していたのは無職・上田理恵子容疑者(69)。

上田理恵子と検索すると、会社の社長さんや研究者などが出てきますが、これらは同姓同名なだけですので、勘違いされないようお願いします。

スポンサーリンク

園児の容態・通っていた保育園は? 

乗用車が保育園児17人、職員2人の列に突っ込んだという今回の交通事故。

女児2人がすぐに病院へ運ばれましたが、奇跡的に軽傷だと言います。
列に乗用車が突っ込んで、死亡事故にならなかったのがせめてもの救いです。

ですが、乗用車が突っ込んできた瞬間は、とても怖かったと思います。
命の危険がなかったとはいえ、子供たちの精神面が心配です。

今回交通事故にあった園児たちが通っている保育園は「のぞみ夢保育園」です。

住所:兵庫県西宮4 樋之池町4−21

事故現場のすぐ近くにある保育園で、事故現場となった歩道は、いつものお散歩コースだったと言います。

つい最近、保育園児の列に乗用車が突っ込む交通死亡事故があったばかり。
そのため、保育士さんたちは細心の注意を測っていたことと思います。

だからこそ、乗用車が列に突っ込んできても軽傷で済んだのかなと。

SNSネットの反応は?

では最後に今回の事故について、SNSネットの反応をみていきましょう。

最近のあまりの交通事故の多さに、怒っている人は多いです。

今回の事故は、保育園側に落ち度はありません。
ですが、「お散歩させない方がいいのでは」という声もありました。

どれだけ安全確認をしても、事故は起きるときには起きてしまう。
「運が悪かった」では済まされないほど、今、多くの人が事故により命を落としています。
事故の多くは、高齢ドライバーの操作ミスが原因です。

似たような事故が多く、ニュースを見聞きするたびに胸が痛みます。

まとめ

6月13日(木)に保育園児と職員の列に乗用車が突っ込んだ事故について情報をまとめていきました。

保育園児17人、職員2人がお散歩していた列に病院に行こうとした65歳の女の運転する乗用車が突っ込んだ
上田理恵子容疑者は自動車運転処罰法違反の疑いで逮捕
園児たちの通う保育園はのぞみ夢保育園で、重傷者はいない

今回の交通事故、死者、重傷者がいなかったことが本当にせめてもの救いです。

高齢者の方はもちろん、若い人たちも、運転する際には充分気を付けて下さい。
車は便利だけれど、人の命を奪うこともあるものです。
そのことを一人一人がしっかり認識しておく必要があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事