2019年6月15日(土)、前代未聞の出来事が起きてしまいます。

日本中央競馬会(JRA)が、禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性のある馬がいることが判明したため、6月15日(土)16日(日)に東京、阪神、函館の各競技場で行われるレースから除外することを発表しました。

なんと、レースから除外される馬は、152頭になるんだとか。

なぜ、このような出来事が起きてしまったのでしょうか。
今回は、禁止薬物を摂取した疑いで競走馬152頭がレースの出場取消となった出来事について情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

禁止薬物は何だっだ? 

競走馬理化学研究所の調査によると、競走馬152頭が摂取した疑いのある禁止薬物は、「テオブロミン」であることが明らかとなっています。

テオブロミンは、ココアやチョコレートに多く含まれるアルカロイドの一種です。
覚醒効果、血管拡張効果があることで知られています。

ココアやチョコレートに含まれる量は、私たち人間に害はありません。
ですが、動物たちには少量であっても害になってしまいます。

軽度の場合には消化不良、過度の興奮、心拍数の増加という症状が現れ、症状がひどくなると、てんかんのような発作が起き死に至ることもあると言います。

今回出来事は、中央競馬のぎゅう舎に販売された競走馬向けのサプリメントの一部にテオブロミンが含まれていたことから起きてしまいました。

レースに参加する競走馬の能力に影響する規制薬物の取り締まりをJRAは強化してきました。公正確保のため、今回の出走停止は苦渋の決断であったと言います。

スポンサーリンク

出走取り消しによる払い戻しは?

 

今回の出来事により、レースの出場を除外となった競走馬は152頭。

その中には、函館スプリントに出場予定だったダノンスマッシュや、シュウジといった人気の高い競走馬も居ます。

出場取消となった競走馬一覧はこちら ↓

http://www.jra.go.jp/news/201906/pdf/061504.pdf

今回、152頭もの競走馬が出場取消となってしまいました。
そこで気になるのが、出場取消となった競走馬の馬券を購入してしまった場合です。

今回の出来事、発表されたのは15日(土)の午前6時半です。

8時には出場取消となる競走馬は除外されるとのことでしたが、除外される前に購入してしまったという人も少なくなかったと思います。

除外してしまった後に、今回のケースでは払い戻しがあったと言います。

多くの人が夢を持って参加する競馬。
高額な金額を賭けるという人も少なくありません。

今回の事件は想定外の出来事であるため、払い戻しされるのは当然ですよね。

スポンサーリンク

レースはどうなる?

 

禁止薬物「テオブロミン」を摂取した可能性があるとして152頭もの競走馬の出場が取消になってしまった今回の出来事。

6月15日(土)16日(日)に開催されるレースはどうなるのかという声がありました。

今回、152頭もの馬は除外されますが、レースは開催されます。

人気の競走馬の出場取消もあり、今回のレースにどう影響するのか注目が集まります。

SNSネットの反応は?

では最後に、今回の出来事に対するSNSネットの反応を調査していきます。

今回、出場取消となった競走馬は152頭。
前代未聞の出来事に、多くの人が衝撃を受けているようです。

前代未聞の出来事となってしまいましたが、開催したのは正解であるとの声も。

レースに行く方には、出場している競走馬を応援してあげてほしいと思います。

まとめ

日本中央競馬会が出走予定だった152頭を出走取消にした前代未聞の今回の出来事について情報をまとめていきました。

競走馬152頭が摂取した疑いのある禁止薬物は「テオブロミン」である
出走取消による払い戻しは行われたとのこと
出場取消の競走馬は居るが、レースは予定通り開催される
前代未聞の出来事に驚いている人が多数

なぜこのようなことが起きてしまったのか。
原因をきちんと究明し、今後はもう絶対にないようにしてもらいたいですね。

今週開催の競馬は、注目度が上がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事