ひらかたパーク、通称「ひらパー」は大阪府枚方市にある遊園地です。
現存する日本の遊園地の中では一番古い遊園地です。
年間入園者数は120万人前後でユニバーサルスタジオジャパンに次ぐ大阪の人気スポットとなっています。
近年は「ひらパー兄さん」として小杉竜一や岡田准一が起用されたり、来園者参加型イベントによりアジアからの外国人観光客の利用も増加しています。

夏期開催の「ひらかたパーク ザ・ブーン」は水深50cmから120mまでの4つの種類のプールや、全長10mから212mまでの4種類のスライダーがあり、小さなお子様から大人まで楽しめる大人気のプール施設です。
今回はそんな大阪随一の人気スポットである「ひらかたパーク ザ・ブーン」の混雑情報を徹底調査しました。

スポンサーリンク

ひらかたパーク ザ・ブーンの営業時間・場所は?

開催期間:2019年7月6日(土)~2019年9月1日(日)

休園日:7月10日(水)、7月17日(水)

営業時間:10:00~16:00、10:~17:00(日によって異なるのでHP要確認)


所在地:〒573-0054 大阪府枚方市枚方公園町1-1

電話:072-844-3475(受付時間は営業時間内)

アクセス:京阪電車「枚方公園」駅から徒歩5分
     京阪バス「枚方公園口」バス停から徒歩10分
車は名神高速道路「高槻IC」か「京都南IC」※有料駐車場有り

スポンサーリンク

プール施設のアトラクションは?

スポンサーリンク

ひらかたパーク ザ・ブーンの混雑状況は?

ひらかたパーク ザ・ブーンの混雑予想は下記の日程です。

混雑予想日

7月27日(土)、7月28日(日)
8月3日(土)、8月4日(日)
8月10日(土)~8月18日(日)お盆期間
8月24日(土)、8月25日(日)

平日よりも土日祝日のほうが混雑します。
特に夏休みの土日やお盆期間は最も混雑する期間です。
7月上旬~中旬の夏休み前と9月上旬の期間は比較的人が少なめなのでおすすめです。

狙い目の時間帯と駐車場情報は?

狙い目の時間帯

開園時間~11時頃、14時~。
開園直後はスライダーの待ち時間も短めですよ。
また、14時以降はプールから遊園地の方に人が流れて行くので狙い目の時間帯です。
11時~14時は1日の内最も混雑する時間帯なので、その時間を避けて入園することをおすすめします。

駐車場情報

北駐車場、東駐車場、南駐車場
障がい者用駐車スペース完備
駐車料金:1日1500円(税込)

混雑時はプールに近い南駐車場は満車となることがあります。
念のために周辺のコインパーキングを事前に確認しておくと良いでしょう。
※単車は北駐車場に停めます。(無料)
※駐輪場は正面ゲート付近にあります。(無料)

口コミや割引チケットは?

口コミのTwitterを紹介します。


夏はプール、冬はスケートリンクもあるので一年中遊べますね。


お盆の混雑状況が分かるツイートです。プールの中もプールサイドも人で溢れかえっていますね。

公式サイトの料金案内

プールだけでなく遊園地も楽しみたいですよね。
すべてのアトラクションが何度でも利用できるフリーパスを最初から購入することをおすすめします。

お得にひらかたパーク ザ・ブーンへ行きたい人は「割引チケット」がおすすめ

「ひらパーGo!Go!チケット」
公式サイト
電車を利用する方におすすめしたいのが「ひらパーGo!Go!チケット」です。
京阪電車乗り降り自由とひらかたパーク入園料金がセットでお得になります。
チケットをひらかたパークで呈示するとパークのフリーパス料金が3000円のところ2700円に割り引かれます。

コンビニチケット
事前にコンビニチケットを購入すれば、入園パスポートがおとな200円、小学生100円お得になります。

年間パスポート
4回目の入園で「入園+フリーパス」と比較すると、おとなが600円、こどもが1200円お得になります。
5回目以降は無料ということになり、何度も気楽に来園したい方におすすめです。
また年間パスポート購入特典として入園料金が20%割引になるクーポンが4枚プレゼントされます。
友達や家族を誘って楽しめますよ。

まとめ

ひらかたパーク ザ・ブーンのについて紹介してきました。
混雑を避けてお財布もお得に利用したいですね。
ファミリーもカップルも暑い夏はザ・ブーンで思いぞんぶんに水遊びを楽しみましょう。

・夏休みの土日祝とお盆の時期は混雑する
・狙い目の時間帯は開園時間~11時頃、もしくは14時以降
・駐車場はパーク入口に近い南駐車場を利用しよう。
・割引チケットは、電車を利用する人は「ひらパーGo!Go!チケット」、年間に4回以上利用する人は年間パスポートがおすすめ。

ちなみに、ひらかたパークは飲食物の持ち込みが可能です。
園内にレストランや売店がありますが、少しでも節約して楽しみたい方は飲食物を持参しましょう。
夏のプールは熱中症の心配もあるので、特に飲み物はたくさん持参したほうが良いですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事