吉本芸人たちの闇営業をこれまで黙認してきたという芸能界。
いよいよ、黙認できない事態になってしまったかもしれません。

反社会的勢力の忘年会に、所属事務所である吉本興業に無断で参加し闇営業を行った芸人が居ることが今話題になっています。

話題の中心に居るのは、カラテカの入江さん、雨上がり決死隊の宮迫さん、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんです。

話題の中心となっている1人、宮迫博之さんに今回は注目していきます。

実は今、宮迫博之さんが相方の蛍原徹さんとMCを担当している人気バラエティ番組「アメトーク」に異変が起きているのです。

一体どのような異変が起きているのか、詳しい情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

宮迫芸能界引退の可能性は?

 

発端となったのは、2019年6月7日(金)に発売されたフライデー。

反社会的勢力の忘年会に、所属事務所に無断で参加し、闇営業を行ったとして批判を浴びている宮迫さんと田村亮さん。
(入江さんは仲介を行ったと見られています)

「フライデー」により明らかとなった今回の闇営業の件。

宮迫さんと田村亮さんは「反社会的勢力とは知らなかった」「ギャラは受け取っていない」と発言しています。

しかし、今回の闇営業に深く関与している人物によれば、すべて嘘だと言います。

会場となったホテルの駐車場には、20代の若者には似つかわしくないベンツやBMWという高級車の数々。
また強面の男(現役も居た)も多く居て、「反社会的勢力とは知らなかった」は無理があるほど″いかにも″な人たちが会場には集まっていたんだとか。

「ギャラを受け取っていない」というのも大嘘だと言います。

宮迫さんは、2時間ほど行われた会で、出演時間はわずか15分ほど。
大ヒットしたくずの楽曲「全てが僕の力になる!」を振付で熱唱、そして「アメトーク」への特別招待をプレゼントしたんだとか。

15分ほどの出演でしたが、ギャラは300万円を要求してきたと言います。

この300万円の内訳は、宮迫さんが100万円。そして仲介した入江さんが10%の30万円、残り170万円をほかの芸人たちで分けるという内訳だったみたいです。

ギャラ交渉は、入江さんが行ったとのこと。

宮迫さんはギャラを受け取っているはず。
そのため「ギャラを受け取っていない」というのは大嘘であることが分かります。

今回のこの闇営業でなにが問題であるのか。

闇営業で事務所を通していないため「脱税」の可能性があること。
ギャラは、反社会的勢力が詐欺により手に入れたお金であること。

これらのことが問題となっているのです。

実は今回闇営業に関わった反社会的勢力は、振り込め詐欺を行っていたグループで、振り込み詐欺で手に入れたお金でギャラを支払っていたと言います。

これは…、宮迫さんをはじめ関わった芸人たちの処分は逃げられないかも。

スポンサーリンク

アメトーク観覧募集停止の理由は?

今回の闇営業の報道を受け、宮迫さんが相方の蛍原さんとMCを務める「アメトーク」になにやら異変が起きています。

まず、先日放送された「アメトーク」にACのCMが多かったこと。

(イメージダウンに繋がるためスポンサーが降りたと見られる)

また現在、「アメトーク」の観覧応募を行っていないのです。

番組の観覧を募集していないということは収録が行われない。
収録が行われないということは打ち切りではないかと言われているというわけ。

「アメトーク」が打ち切りになるのかは現在明らかになっていませんが、しばらく収録が行われないということは確実なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

SNSネットの反応は?

「アメトーク」が観覧の募集を行っていないことに対し、もう番組は終了するのだろうといった声が相次いでいます。

しかし中にはこのような意見も。

「アメトーク」は長寿番組で視聴率も高いです。
そのため、今後の番組が継続されるか、終了するのかに注目が集まっています。

まとめ

闇営業の営業で!?「アメトーク」の観覧募集を停止していることについて情報をまとめていきました。

本人の口から真相が明かされないまま。
会見を開くなどして真相を話してほしいですよね。

宮迫さんというと、不倫騒動が記憶に新しいです。
そろそろ、笑い話では済まなくなってきているのではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事