2019年6月20日(木)未明、とある事件が発生します。

兵庫県内を走る中国自動車道で、自動車に乗っていた男がタンクローリーを停止させ奪って逃走。
その後、別の大型トラックを停止させさらに奪って逃走します。

タンクローリー、大型トラックを次々に逃走した犯人は、大阪府吹田市で交通事故を起こし、現行犯逮捕されています。

今回は事件の詳細や犯人の身元特定情報についてまとめていきます。

スポンサーリンク

事件の経緯

 

2019年6月20日(木)に発生した事件について、経緯を紹介していきます。

まず、午前1時20分頃。

兵庫県佐用町の中国自動車道上り線の作用インターチェンジ付近で、乗用車がタンクローリーを追い越し、進路をふさぐようにして停止させました。

乗用車に乗っていた30代くらいの男性は手に棒のようなものを持っており、タンクローリーの助手席の窓を割り、「俺の道路で何してくれとるんや」などと怒鳴り50代の男性運転手を殴るなどの暴行を加えたと言うことです。

そして、男はタンクローリーを奪って逃走。

奪ったタンクローリーは、事件現場となった場所から東へ7㎞ほど離れた先にある中国自動車道のトンネル内に設置されていたということです。

タンクローリーを奪った男が次に狙いを定めたのは、25トンの大型トラック。
同じように追い越し、進路をふさぐようにして停止させました。

男はまた棒のようなものを持ち、大型トラックへ乗り込んできたと言います。
大型トラックの運転手は助手席へ。
こちらでも殴るなどの暴行を加えたと言うことです。

助手席へ追いやられた大型トラックの運転手はその後、茨木インターチェンジ付近で下ろされ、男は大型トラックを奪い逃走。

その後、大阪府吹田市で交通事故を起こし、運転していた男が棒のようなものを振り回していたので現行犯逮捕。
逮捕後に、タンクローリー、大型トラックを奪った犯人だと分かったのです。

スポンサーリンク

ニュースでも取り上げられました

スポンサーリンク

犯人の身元特定情報は?

 

現時点で、犯人の身元は明らかにされていません。
身バレを防ぐために自分の車は乗り捨てたとのこと。

しかし逮捕から時間が経っているのでそろそろ情報が出てきそうですが…。

現在分かっているのは30代の男性。
身長は170cmほどで、黒い上着を着ていたとのこと。

犯人はタンクローリーと25トントラックを運転することができる人物です。
だって、普通自動車免許だけでこれらの大型車は運転できません。

(道路交通法の決まりだけでなく、運転できる技術がない)

なぜタンクローリーを奪って逃走し、25トントラックを奪って逃走したのか。

その動機についても明らかにされていないとのこと。

助手席に追いやられ、犯人とともに数㎞の距離を共にした被害者の男性によると、犯人は突然怒鳴り出すなど様子がおかしかったと言います。

被害者情報は?

犯人の情報とともに、被害者情報についても公表されていません。

奪われたタンクローリーの運転手は、年は50代くらいだったとのこと。
25トントラックの運転手についてはいくつくらいかすら分からず。

2人とも殴るなどの暴行を犯人から受けていますが、命があってよかった。

トラック事故現場場所

ニュースの現場画像より場所が特定できました。
大阪府吹田市上山手町21-28

SNSネットの反応は?

タンクローリー、25トントラックを奪い逃走したという今回の事件。

「GTA(グランド・セフト・オート:オンライン)みたい!」という声が多くTwitterにツイートされていました。

動機は分かっていませんが、「ゲームの世界観を味わってみたかった」なんてことはない…ですよね?

まとめ

過去に例をみない事件が起きてしまいました。

タンクローリーを奪い逃走、その後25トントラックを奪い逃走だなんて、常識的に考えられることではありません。

大きな事故にならず、死者も出なかったことは本当に良かった。

事件の動機については現在調査中だと思われます。
明らかになったときには、きちんと報道してもらいたいと思います。

(最近事件、事故を報じても最初だけなケースが多いので…)

スポンサーリンク
おすすめの記事