2019年6月21日(金)午前9時頃。

東京都江戸川区で交通事故が発生してしまいます。
事故現場は、首都高速道路湾岸線下り「葛西JCT」のすぐ近くです。

交通事故は、複数の車両による玉突き事故であるとのこと。

首都高速道路湾岸線下りは事故の影響で大渋滞。
多くの人に影響を与えることとなりました。

そこで今回は、6月21日(金)に発生した交通事故の詳細をまとめていきます。

スポンサーリンク

事故当時の状況は? 

首都高速道路湾岸線下り「葛西JCT」の近くで発生した交通事故は、交通量の多い場所で起きた事故であることもあり、多くの目撃情報があります。

事故現場を撮影した写真も、Twitterに多く投稿されていました。

こちらの投稿が事故の詳細が分かりやすいため、載せておきます ↓

一番後ろに「SHIBAHASHI」と書かれたトラックが停まっているのが分かります。
(医療機関や福祉施設を中心に寝具などをレンタル・販売する企業)

「SHIAHASHI」のトラックが、乗用車にまず追突します。
そして追突された乗用車が、前の乗用車に追突。

それが続いて、トラックを含む4台の玉突き事故となったようです。

「SHIBAHASHI」のトラックに追突された乗用車を見てみると、かなりの強い衝撃で追突されたのだろうということが分かります。

追突された箇所がべっこりいってますよね…。

乗用車に乗っていた人は、無事だったのでしょうか。

スポンサーリンク

ケガ人など被害状況は?

 

「SHIBAHASHI」と書かれたトラックが前を走行していた乗用車に追突したことにより起きてしまった今回の玉突き事故。

Twitterにアップされた現場の写真を見ることで事故の甚大さがうかがえます。

気になるのは、ケガ人など被害状況です。

玉突き事故が発生したとの通報を受け、すぐに救急車が出動しました。
現時点では、ケガ人の情報は入っていません。

亡くなった方の情報も入っていないため、死亡事故にはならなかった可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

ですが追突事故ということなので、ムチ打ちなど後遺症が心配なところ…。

先ほども載せたこちらのTwitter ↑

2枚目の写真を見ると、追突された車の後ろに小さい子を抱っこした女性が居て、なにやら電話をかけているのが分かります。

どうやら赤ちゃんが乗っている車が追突されたみたい…。

現時点での情報ですが、命に別状がなくてよかった。

スポンサーリンク

渋滞・通行止めは?

首都高速道路湾岸線下り「葛西JCT」のすぐ近くで発生した今回の交通事故。
交通事故の影響で、周辺の道路は大渋滞しました。

こちらの情報によると、6㎞の渋滞になっているとのこと。
調査してみましたが、通行止めの区間があるかどうかは分かりませんでした。

事故現場の様子を見る限り、事故車は路肩に駐車していましたし、2車線道路を1車線にはしていると思いますが、通行止めにはしていないのではと思います。

SNSネットの反応は?

では最後に、6月21日に発生した交通事故によるSNSネットの反応を紹介します。

一般道であれば抜け道があるケースが多いので渋滞は回避しやすいですが、首都高速の場合は逃げ場がありません。

事故渋滞により影響を受けた人は多く居るようです。

交通事故に遭った方々を心配する人の声もありました。

交通事故が起きて「迷惑!」と怒るのではなく、まず「大丈夫かな?」と思えるような余裕がみんなにあるといいですね。

まとめ

首都高速道路湾岸線下り「葛西JCT」近くで発生した交通事故について情報をまとめていきました。

4台の玉突き事故と聞くと大きな事故ですが、被害情報はないみたいです。
死者が出なかったのが幸い。

昨今、高齢ドライバーによる交通事故が多発していますが、交通事故を起こすのは高齢ドライバーだけではありません。
ドライバー全員が交通事故を起こす可能性があるのです。

車を運転する方は、くれぐれも気を付けるようにして下さい。

スポンサーリンク
おすすめの記事