2019年6月22日(土)の20時06分頃。
中央線「西国分寺駅」で、人身事故が発生しました。

「線路内に立ち入った人を轢いた」という目撃情報があります。

人身事故の影響により、電車は一時運行を見合わせることになりました。
その結果、多くの人に影響を与えてしまいます。

なぜ今回、人身事故が起きてしまったのでしょうか。

今回は中央線「西国分寺駅」で起きた人身事故について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

事件の経緯詳細は?

人身事故が発生したのは、6月22日(土)のこと。
時間は20時06分頃、事故現場となったのは中央線「西国分寺駅」です。

今回起きた人身事故は、中央線を走行していた電車が「西国分寺駅」へ侵入しようとしたとき、線路に内に人が立ち入り、電車にはねられてしまったとのこと。

人身事故が発生し、駅員さんをはじめ多くの人が事故現場へ集まりました。
こうした場ではブルーシートが使われることが多い傾向にありますが、「西国分寺駅」で起きた今回の人身事故ではグリーンのシートが使用されていました。

人身事故が起きたことにより、現場では現場検証が行われました。

人身事故の影響により、「東京駅」~「高尾駅」の上下線の一部列車れ、一時運転を見合わせることになったと言います。

運転を一時見合わせたことで、多くの人に影響を与えることになりました。
「西国分寺駅」はもちろん、中央線の各駅で混雑したとのこと。

中央線の運転を一時見合わせたことで、振替輸送が実施されたと言います。
振替輸送が実施されたのは、京王線、そしてバスです。

一時運行を見合わせた中央線は、21時21分頃に運行を再開しました。
しかし、22:00現在も中央線には遅れ、ダイヤの乱れが出ていると言います。

スポンサーリンク

被害者情報は?

6月22日(土)に中央線「西国分寺駅」で発生した人身事故。

現時点で、被害者についての情報は入ってきていません。
男性なのか女性なのか、年齢はいくつくらいの人なのか…。

走行中の電車に接触した人が生きているのか、亡くなっているのかという情報も入っておらず、生死についても分かっていません。

ですが、おそらく亡くなっているのでは…と思います。
電車に接触した人身事故で、被害者が生きているケースはあまりないみたい。

昨今、多く発生している人身事故。
多くの人身事故で被害者の情報については明らかになっていません。

そのため、今回の人身事故も被害者情報は明らかにならないでしょう。

スポンサーリンク

当時の状況は?

 

では、人身事故発生当時の状況についてみていきましょう。

人身事故が発生したことで、電車は緊急停止します。
その後、電車を降ろされたということです。

人身事故が発生し、駅にはパトカーなど多くの緊急車両が到着したようです。

全国各地で人身事故が多発しているので、駅や駅周辺にパトカー、救急車、消防車が停止していると「ドキ」っとしてしまいますね。

SNSネットの反応は?

最後に、6月22日(土)に発生した人身事故によるSNSネットの反応を紹介します。

毎日どこかで必ずといっていいほど発生している人身事故。

ほんとうに、「迷惑」以外の何者でもありません。

多くの人がTwitterに投稿しているように、ほんとうに死ぬなら人に迷惑かけないようにしてほしい。
人身事故発生に対し、怒りのツイートをしている人も多いです。

自殺するにしても、なぜ人身事故を選択するのでしょうか。

まとめ

6月22日(土)に中央線「西国分寺駅」で発生した人身事故について情報をまとめていきました。

線路内に人が立ち入り、走行していた電車にはねられてしまったとのこと。
なぜ、線路内に立ち入ろうと思ったのか。

ほんとうに、電車にはねられるという自殺方法を選択する人の心理が知りたい。

なぜ毎日のように全国各地で人身事故が発生するのでしょう。
もうこれは、テロですよ、テロ。

スポンサーリンク
おすすめの記事