ヒーローショーの聖地「シアターGロッソ」でショーのお姉さんを務めていた中山愛理さんが、2019年6月23日(日)にTwitterを更新。

ショーのお姉さんを卒業したこと。
卒業理由として、セクハラやパワハラが日常的にあったことを告発したのです。

今、中山愛理さんのTwitterが物議を醸しています。

そこで今回は、中山愛理さんについて紹介していくとともに、問題となっているセクハラ、パワハラについて情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

中山愛理のプロフィール

ではまず、中山愛理さんのプロフィールを紹介していきます。

名前 中山愛理(なかやまあいり)
生年月日 7月13日
学歴 桐朋学園芸術短期大学 演劇専攻

年齢は非公開ですが、2011年に高校を卒業したとの情報があるので、現在26歳ではないかと予想します。

中山愛理さんは、シアターGロッソでショーのお姉さんをしていました。

シアターGロッソとは、東京ドームシティアトラクションズ内にあるヒーローショーの準専用劇場のことを言います。

屋内型の劇場で、連日多くの家族連れで賑わう人気スポットです。

毎回のショーで会えるわけではありませんが、中の人(笑)に会える場所として、ヒーローショーの聖地と呼ばれています。

子供たちにとって、夢の場所。

中山愛理さんが勤めていたショーのお姉さんとは、ヒーローショーの前に登場し、「みんな元気ですかー?」など場を盛り上げてくれる人のことを言います。
(説明下手ですみません(笑))

ヒーローショーは、ショーのお姉さんの存在なしにはありえません。

スポンサーリンク

セクハラパワハラの内容とは?

中山愛理さんは、2019年6月23日(日)に更新したTwitterで自身の卒業を発表。
卒業理由として、セクハラ、パワハラがあったことを告発しました。

一体どのようなセクハラ、パワハラがあったのか。

中山愛理さんのTwitterから内容をまとめていきたいと思います。

挨拶しても無視される
握手会中に水をかけて妨害する
男性器のあだ名をつけて呼ぶ
すれ違いざまにお尻を揉む
避けられない空間での卑猥な質問
直接的に胸を触る

このようなパワハラ、セクハラを受けていたことを告白しました。

こうしたパワハラ、セクハラは入った当初から行われていたと言います。
中山愛理さんは黙って1年間耐えていたそうです。

黙って耐えていたのは、仕事が好きだったからでしょう。

しかし、ゴールデンウィーク明けに突然「力不足なのでもう来なくていいです」と言われ、さらに会社からは「余計なことを言ったらもうお前に話を振らないぞ」と強く言われていたと言います。

スポンサーリンク

加害者は誰?

中山愛理さんにパワハラ、セクハラを行った加害者は一体誰なのか。

シアターGロッソで働く人であることは間違いありません。
裏方のスタッフなのか、まさかヒーローがそんなこと…していませんよね?

「本当なら実名を!」という声がありましたが、中山愛理さんは「今私が実名を出すことはできない」とTwitterに投稿しています。

確かに、言いたくても実名は出せないかもしれませんね。

SNSネットの反応は?

ヒーローショーのお姉さんによる告発は、物議を醸しています。

告発したことに対し、賞賛の声が相次いでいます。
悪いのはパワハラ、セクハラをした加害者であって中山愛理さんは悪くない!!

どなたかがツイートしていましたが「黙っているのが罪」くらいの世の中にならなければ、立場の弱い女性は我慢するしかなくなってしまいます。

次世代のため、と勇気を出して告発した中山愛理さんは素晴らしいです。

まとめ

中山愛理さんについて、卒業理由となったパワハラ、セクハラの内容について情報をまとめていきました。

息子2人が居る我が家は、ヒーローショーが大好きです!!
シアターGショックには行ったことはありませんが(九州住みです)、子供向けのイベントを行うそうした場でパワハラ、セクハラが行われていたことがショックでたまりません。

ヒーローは悪を退治するんですよね!?
それなのに裏には悪しかいないってどういうことなのでしょうか…。

スポンサーリンク
おすすめの記事