2019年6月25日(火)の19時54分頃。
磐越西線「郡山駅」〜「郡山富田駅」間の踏切で人身事故が発生しました。

「家の近くの踏切がサイレンすごい。救急車も来たみたい」といった目撃情報があり、どうやら一時現場は混乱したようです。

人身事故の影響により、電車は一時運行を見合わせることになりました。
と同時に踏切で事故が発生したため踏切は一時通行止めに。

その結果、多くの人に影響を与えることになってしまいました。

今回は6月25日(火)に磐越西線「郡山駅」〜「郡山富田駅」間の踏切で発生した人身事故についての情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

事件の経緯詳細は?

6月25日(火)19時54分頃、福島県を走る磐越西線の「郡山駅」~「郡山富田駅」間にある踏切にて人身事故が発生しました。

走行中の電車が、踏切に侵入してきた人と激しく接触したと言います。

現時点では自殺目的での事故なのか、誤って侵入してしまったのか。
人身事故が発生したその理由については明らかになっていません。

今回発生したこの人身事故の影響で、磐越西線では「郡山駅」~「安子ケ島駅」間の上下線で運転を見合わせることとなりました。

また同時に、踏切で発生した人身事故ということで踏切が通行止めに。

踏切が開かずの踏切になってしまうことで、周辺では渋滞が発生しています。

人身事故といえば、駅、または踏切で起きるもの。
どちらも迷惑な場所ですが、より迷惑なのは踏切であると思います。

スポンサーリンク

被害者情報は?

6月25日(火)に発生した磐越西線「郡山駅」〜「郡山富田駅」で発生した人身事故の被害者の情報についてですが、詳しい情報は明らかになっていません。

ですが、Twitterにはこのような情報がツイートされています ↓

踏切に侵入し電車と接触したのは作業員の人ではないかという情報です。

この情報は確かな情報ではありません。
が、もし作業員の方が被害者であれば、自殺ではなく事故の可能性が高いかも…。

事故であることが明らかになると、今後詳しい情報が明らかになると思います。
ですが、自殺となると情報はおそらく出てこないでしょう。

昨今人身事故が多発していますが、線路内に飛び込んだなどの自殺による人身事故の場合、被害者の名前が報道されるようなことはまずありません。

スポンサーリンク

当時の状況は?

 

では、人身事故が起こった当時の状況をTwitterからみていきましょう。

こちらのTwitterにツイートされた投稿から、通常停止するはずのない場所で電車が停止していることを確認することができます。

またこのようにたくさんの緊急車両が来ていたことも分かります。
事故当時、周辺は大変な騒ぎとなったみたいです。

SNSネットの反応は?

では最後に、6月25日(火)に磐越西線「郡山駅」〜「郡山富田駅」で発生した人身事故について、SNSネットの反応をみていきましょう。

磐越西線代走719系が事故に遭った車両であるとの情報が入っています。

踏切内に侵入してきた人と激しく衝突したということですが、電車に傷や凹みなどはあったのでしょうか。

事故によりできた傷や凹みは自殺の場合、遺族が支払わなければなりません。
こうした賠償金などのことについてなにも考えずに行動しているのでしょうか。

まとめ

6月25日(火)に発生した磐越西線「郡山駅」〜「郡山富田駅」間の人身事故について情報をまとめていきました。

踏切で発生した人身事故ということで多くの人に影響を与えることになりました。
ほんとうに、迷惑でしかない。

今回はまだ自殺であるのか事故であるのかはっきりしていません。
もしかすると今後事故について詳細が明らかになるかも。

同じような事故が発生しないためにも、しっかり報道すべきではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事