アイドルからミュージカル女優に転身し、
声楽家としても活躍しつつも、
38歳という若さで亡くなった
女優・本田美奈子.さん

1月24日放送の「直撃シンソウ!坂上」で、
本田美奈子.ミュージアムについて特集が組まれます。

今回は本田美奈子.のミュージアムの場所や入館料、
アクセス方法などについて調べてみました!

さらに、

今や伝説になった本田美奈子.さんについて、
彼女の経歴や代表作、

そして

名前の由来なども調査していきます。

スポンサーリンク

本田美奈子.とは?経歴や代表作とは?

本田美奈子.さんは
1967年(昭和47年)7月31日に
東京都で生まれました。

1985年(昭和59年)に「殺意のバカンス」で
東芝EMIからアイドルデビュー。

当時はおニャン子クラブや中山美穂、森口博子など、
そうそうたるアイドル達がひしめくの中でヒットを連発!

1990年からはミュージカル「ミス・サイゴン」の
主演・キム役を演じ、ミュージカル女優としても活躍しました。

その後、クラッシックミュージックに日本語歌詞をつけた
アルバムをリリースし、声楽家としても新境地を開いていました。

キャリアも順調に思えた2004年(平成16年)に体調不良が続き、
翌年に急性骨髄性白血病と診断。

その後、病と闘いつつ、白血病患者支援のための
NPO法人「Live for Life」を立ち上げますが、
2005年(平成17年)の11月6日に家族が見守る中、
息を引き取ったそうです。

本田美奈子.の代表作とは?

惜しまれつつも亡くなった本田美奈子.さんは
アイドル、ミュージカル、クラッシックまで
幅広いジャンルにわたって活躍しました。

アイドル時代の代表作は「1986年のマリリン」が有名です。

ミュージカルの代表作はデビュー作にして初主演の
「ミス・サイゴン」を皮切りに、「レ・ミゼラブル」や「王様と私」など、
さまざまな作品に出演しています。

また、声楽歌手として初めてリリースしたアルバム「AVE MARIA」は
クラッシック・クロスオーバーの先駆けとして
今も多くのファンを魅了しています。

スポンサーリンク

本田美奈子.ミュージアムを紹介!場所は入館料は?

本田美奈子.ミュージアムは埼玉県の朝霞市にあります。
朝霞市は本田美奈子.さんの自宅があった場所で、
ミュージアムの開館日も本田美奈子.さんの誕生日と同じ7月31日です。
現在、開館日は毎月第2土曜日と日曜日のみです。

開館時間は11:00~17:00までですが、
冬季は15:00閉館になります。

ミュージアムへのアクセスは、
電車の場合は朝霞駅から徒歩20分、
バスの場合は西朝霞公民館入り口で下車後徒歩3分です。

本田美奈子.ミュージアムの入館料や展示内容は?

本田美奈子.ミュージアムの入館料は500円で、
一部は(認定)特定非営利活動法人リブ・フォー・ライフ美奈子基金に
寄付されるそうです。

展示内容は生前の本田美奈子.さんの写真や衣装、
手書きのメッセージなどで、ショップでは過去のファンクラブ会報も
購入することができます。

スポンサーリンク

死の直前の改名!本田美奈子.の名前に込められた意味とは?

本田美奈子.さんの名前の後ろにドットがあります。
これは亡くなる少し前に本人の希望で改名したそうなのです。

開運のため、字画を1つ増やして、「本田美奈子」から
読み方はそのままに「本田美奈子.」になったのが2004年の12月。

その後、急性骨髄白血病を診断されたのが2005年の1月でした。

改名する際に本田美奈子.さんが病気のことを知っていたのかは
分かりませんが、なにか運命のようなものを感じます。

まとめ

死後も多くの人に愛される本田美奈子.さん。

本田美奈子.ミュージアムには、今も彼女の面影を求めて
開館日には多くのファンが訪れるそうです。

アイドルからミュージカル女優、さらには歌手として幅広い世界で
活躍した本田美奈子.さんの軌跡が展示されている
本田美奈子.ミュージアムに、ぜひ足を運んでみませんか?

スポンサーリンク
おすすめの記事