2019年6月28日(金)20時08分頃。
東武スカイツリーライン「西新井駅」で人身事故が発生しました。

なぜ、人身事故は発生したのでしょう。
目撃した人の情報によると、「痴漢が線路に飛び降りた」とのこと。

今回は、東武スカイツリーライン「西新井駅」で発生した人身事故について、経緯詳細について、当時の状況など情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の経緯詳細は?

6月28日(金)東武スカイツリーライン「西新井駅」で人身事故が発生。
事故発生時刻は、20時08分頃だったと言います。

昨今発生している人身事故。
その多くが電車と人が接触するというものでした。

しかし、今回の人身事故は、電車と人は接触していません。

一体どういうことなのか。

実は人身事故が発生する前に、電車内で痴漢騒動がありました。
おそらく、痴漢していたことがバレてしまったのでしょう。

痴漢していたことがバレてしまった男性は、停車した「西新井駅」で逮捕されるなら逃げなければと思ったに違いありません。

痴漢していたことがバレてしまえば、社会的にもう終わりですもんね。

そうして逃げ出した先が「西新井駅」構内の線路だったということになります。


警察官と話している男性、おそらく彼が痴漢を捕まえた方なのではないでしょうか。おそらく逃げた痴漢について話を聞かれているのでしょう。

いくら悪いことをした痴漢でも、線路に侵入してしまえば大変危険です。
そのまま電車を駅に入れるわけにはいきません。

そのため、人身事故として運行中の電車を停止せざるを得なかったのです。

電車と人が接触していない。
自殺目的ではない(たぶん)。

なかなか珍しいタイプの人身事故なのではないでしょうか。
迷惑であることは一緒ですが…。

スポンサーリンク

被害者情報は?

被害者(むしろ加害者ですが)、線路に飛び込んだのは男性です。

目撃情報によると、痴漢を行い、線路に飛び降りたのはおじさんだと言います。
おそらくですが、40代~50代くらいではないでしょうか。

どのような男性であったのかという情報は入ってきていません。

揉めた後に線路に飛び降りるなんて、迷惑でしかありません。

スポンサーリンク

当時の状況は?

 

では、Twitterに投稿された当時の状況についてみていきましょう。

「西新井駅」で痴漢が線路に飛び降り、人身事故として扱われたため、東武スカイツリーラインを走行中の電車が運行を一時停止する事態となりました。

今回のこの騒動により、

東武スカイツリーライン
東武伊勢崎線
東武日光線
東京メトロ半蔵門線
東京メトロ副都心線

これらの線路で、ダイヤの乱れが発生したと言います。
安全確認が済んだのち、すぐに運行は再開されたみたいですが迷惑でしたね…。

線路に飛び降りて行方不明って…。
こんな迷惑なやつは名前と顔をニュースで公開すればいいのに。

SNSネットの反応は?

では最後に、東武スカイツリーライン「西新井駅」で発生した人身事故についてTwitterに上がっている声を調査していきます。

人身事故は基本的に迷惑なことがほとんどですが、今回ほど迷惑な人身事故のケースは他にないのではないでしょうか。

もう、「バカ」としか言いようがありません。

電車が一時運行停止となり、多くの人に迷惑をかけました。
今回、線路に飛び込んだ方は亡くなっていないので、賠償金などすべて請求がいくでしょう。いえ、むしろいって下さい。

まとめ

東武スカイツリーライン「西新井駅」にて発生した、迷惑過ぎる人身事故について情報をまとめていきました。

痴漢だけでも最低で迷惑なのに、そこから線路に飛び降りるって、もう大人のすることではないですよね。
しかも線路に飛び降り隠れたって…。

逃げ切れるとでも思ったのでしょうか。

こうした馬鹿な行為、他で起きないことを願います。
男性には、相当な罰を与えてほしいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事