2019年7月6日(土)15時2分頃。
総武本線・成田線「都賀駅」で人身事故が発生しました。

事故現場に居合わせた人の目撃情報によると「目の前でサラリーマンが電車に飛び込んだ」とのこと。

土曜日の昼間の時間帯に発生した人身事故。
多くの人が事故を目撃し、当時現場は大変な騒ぎだったとんだとか。

今回は人身事故の経緯詳細について、情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の経緯詳細は?

人身事故が発生したのは、7月4日(木)15時2分頃。

千葉県千葉市若葉区都賀三丁目にある総武線・成田線「都賀駅」を成田エクスプレスが通過するときに、人身事故が発生したと言います。

成田エクスプレスが「都賀駅」を通過するとき、聞いたことがない嫌な衝撃音が聞こえてきたと言います。
その嫌な衝撃音は、人と電車が接触したときの音だったようで…。

人身事故を目撃した人の情報によると、サラリーマンが走行している成田エクスプレスに向かって飛び込んでいったとのこと…。

走行している電車に飛び込んでいったとなれば、それは自殺でしょう。

走行している電車に飛び込んでいった人は、電車にはねられたと言います。
事故現場は、血だらけだったという情報も…。

事故現場を目撃した一部の人たちは、その場で泣いていたという情報が。
目の前で人が電車に飛び込んでいくのを見ちゃうと確かに泣いてしまうかも…。

また一部の人は、飛び込んでいったサラリーマンの持ち物が当たったと言う。
持ち物が当たって怪我をした人もいたようで、現場は騒然としていました。

スポンサーリンク

被害者情報は?

7月4日(木)15時2分頃に総武本線・成田線「都賀駅」で発生した人身事故。

走行している電車に向かって人が飛び込んでいったと言います。
目撃情報によると飛び込んでいったのは、サラリーマンだったとのこと。

サラリーマンだったということは、スーツを着用していたのかな…?
いくつくらいの人であったのか、それは現時点では不明です。

身元についても現時点では不明のまま。

全国各地で発生している人身事故。
その多くで、身元情報は判明したとしても公表されていません。

おそらく、自殺の可能性が高い場合は名前は公表されないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

当時の状況は?

 

人身事故が発生した当時、現場は悲惨な状態であったと言います。
先ほども少し触れましたが、現場は血まみれ。

人身事故を目撃した人の一部はその場で泣いていた。
そして飛び込んだ人の持ち物が飛んできて怪我をした人も…。

走行していた電車と人が接触したということで、線路は血まみれに…。
そのため、事故発生後に特殊清掃が行われていたという情報も入っています。

人身事故が発生した影響で、「千葉駅」~「成田駅」間、「成田駅」~「成田空港駅」間の上下線にて一部運行見合わせとなりました。

一時運行停止になったことで、振替輸送が行われたと言います。

電車の運行を再開しても、しばらくダイヤに大きな乱れが生じていました。

SNSネットの反応は?

最後に、7月6日(土)総武本線・成田線「都賀駅」で発生した人身事故についてSNSネットの反応についてみていきます。

SNSでの声を調査してみたところ、「ホームドアをつけたらいいのでは」という声がありました。

確かに、ホームドアをつけることで人身事故発生の抑圧にはなるかもしれません。

全国的に多発している人身事故。
ホームドアを設置するなどそろそろ本気で対策していかなければならないのではないでしょうか。

まとめ

7月6日(土)に発生した人身事故について情報をまとめていきました。

総武本線・成田線「都賀駅」で発生した人身事故。
目撃情報から、悲惨な現場であったことが分かりましたね。

人身事故が発生することで電車がストップし、多くの人に迷惑をかけます。
またそれだけでなく、時としてトラウマを与えてしまうことも…。

ほんとうに、電車に飛び込む自殺はしないでいただきたい!!
どういった心理状態で飛び込むのか…。

人身事故を起こさないために、私たちができることはないのでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事