声優の速水奨さん(60)と野津山幸宏さん(22)が、漫才コンビを結成!!
「M-1グランプリ2019」に出場することが明らかとなりました。

M-1の公式サイトによると、2人は「ラッシュスタイル」というコンビ名でエントリー。
2019年9月1日(日)に新宿シアターモリエールで行われる1回戦に出場するとのこと。

なぜ声優として活動する2人が漫才コンビを結成し、M-1グランプリに出場するのか。

今回は「ラッシュスタイル」結成の理由を中心に気になる情報を紹介していきます。

スポンサーリンク

速水奨・野津山幸宏M1出場の理由は?

 

速水奨さんと野津山幸宏さんが漫才コンビ「ラッシュスタイル」を結成したのは2019年1月1日のこと。
元旦にコンビを結成とは、なんとも縁起が良いですよね。

「ラッシュスタイル」というコンビ名は、2人が所属する事務所の名前なんだとか。

コンビを組むきっかけとなったのは、2018年秋に行われた事務所の新人発表会でした。

野津山幸宏さんが「漫才をやりたい」と相方を募りました。
しかし、新人たちは誰も手を挙げなかった。
それをみて速水奨さんが「僕がやるよ」と手を挙げたのだとか。

「漫才をやりたい」と言ったものの速水奨さんが手を挙げるとは思いませんよね。
野津山幸宏さんはさぞかし驚いたことでしょう。

結成当初は、1日限りのコンビだったと言います。
しかしネタを披露してみるとこれが大ウケ!!

野津山幸宏さんが漫才用にネタを書いたそうですが速水奨さんは読んでおらず終始アロリブだったんだと言います(笑)

大ウケしたことに手ごたえを感じ「面白い漫才をもっと極めてみたいね」と2人で話していましたんだとか。しかし具体的な話はしないまま。
そして年明け、野津山幸宏さんがラブコールを送り、コンビ結成となったと言います。

漫才コンビを結成となれば、目標とするのはM-1グランプリとなるのでしょう。

声優としてのキャリアが長い速水奨さんは当初「普段の自分の仕事とあまりにも遠い場所にある」と、M-1グランプリ出場に対し葛藤があったと言います。

しかし「声の仕事をしているという部分で、自分たちの可能性を追求するつもりで、真剣にやってみよう」と出場することを決意したんだとか。

2人はやる気満々で、野津山幸宏さんは「やったるでぇ~」と意気込み、速水奨さんは「本気と書いてマジと読む」とともに7月12日(金)にツイートしていました。

スポンサーリンク

どんなネタを見せる?

速水奨さんと野津山幸宏さんの漫才コンビ「ラッシュスタイル」の漫才スタイルは、ダブルボケだと言います。

速水奨さんは人生数十年ずっとボケてきたと発言。
対する野津山幸宏さんもツッコミというタイプではないらしい。

ネタ作りは作家を交えて進めていると言います。
ネタは普段の声優の活動を想定し作られるんだとか。

声優界の知らなかった話がネタで明らかになるかも!?

スポンサーリンク

M-1予選はいつ?

M-1グランプリ2019の予選は、8月1日(木)よりスタートします。

冒頭でも紹介したように、速水奨さんと野津山幸宏さんの漫才コンビ「ラッシュスタイル」が出場する第1回戦は、9月1日(木)となります。

第1回戦を突破すれば、第2回戦に出場。
第3回戦、準々決勝、準決勝と勝ち上がることができれば本選へと出場できます。

「ラッシュスタイル」は、一体どこまで進むことができるのでしょうか。

SNSネットの反応は?

 

では最後に、SNSネットの反応について調査しまとめていきます。

ベテラン声優の速水奨さんが新人声優と漫才コンビを結成するなんて驚きですよね!

声優が漫才コンビを結成しM-1グランプリに出場するなんて…、と批判があるのかなと思っていたのですが、意外にも楽しみにしているという声が多くありました。

まとめ

声優の速水奨さん、野津山幸宏さんが漫才コンビを結成し、M-1グランプリに出場するということについて情報をまとめていきました。

ベテラン声優として地位を確立している中、新たなことにチャレンジする速水奨さんはかっこいいですよね!!

「漫才がしたい!」とラブコールを送った野津山幸宏さんもすごいです。

漫才のプロたちの中に入っていくのは大変かと思いますが、頑張ってほしいですね!

スポンサーリンク
おすすめの記事