2019年7月13日(土)19時33分頃。
名鉄瀬戸線「印場駅」~「旭前駅」間にて人身事故が発生しました。

走行している電車に、人が接触したものと見られています。
電車と接触した人は、大丈夫だったのでしょうか。

今回は7月13日(土)に発生した人身事故について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

事件の経緯詳細は?

人身事故が発生したのは、7月13日(土)。
発生時刻は、19時33分頃でした。

人身事故の現場となったのは、名鉄瀬戸線「印場駅」~「旭前駅」間です。

名鉄瀬戸線とは、愛知県名古屋市東区「栄町駅」から、同県の瀬戸市「尾張瀬戸駅」までを結ぶ名古屋鉄道の鉄道路線となります。
連日、多くの人が利用している鉄道線路です。

今回注目している人身事故発生の現場と見られるのはこちら ↓

今回注目している人身事故については、現時点ではまだあまり情報が出ていません。
事故現場は踏切だったのでしょうか…。

なんとも微妙な場所で電車が停止していますよね…。

分かっているのは、名鉄瀬戸線「印場駅」~「旭前駅」間であるということ。
線路内に人が侵入し、走行していた電車と衝突してしまったものと見られています。

スポンサーリンク

被害者情報は?

7月13日(土)に19時33分頃に名鉄瀬戸線にて発生した人身事故。

走行している電車と人が激しく衝突したと言います。

人身事故が発生してすぐに、大勢のレスキュー隊や救護隊が駆け付け、電車と接触した人の救護活動が行われていたと言います。

病院に搬送されたものと見られていますが、安否については明らかになっていません。

事故現場となった場所には規制線が張られ、多くの人が集まっていたと言います。

電車と接触した人の情報についてですが、身元は明らかとなっていません。
男性なのか女性なのか、どのくらいの年齢であったのかも不明。

全国各地で連日発生している人身事故。
その多くで被害者の情報については明らかになっていません。

そのため、今回の人身事故でも身元の情報については出てこないでしょう。

スポンサーリンク

当時の状況は?

 

今回発生した人身事故の影響で、名鉄瀬戸線「栄町駅」~「尾張旭駅」間では一時運行を停止する事態となってしまいました。

人身事故が発生した時刻は19時33分頃。

平日ではないのでサラリーマンの帰宅ピークではなかったことがせめてもの救い。
しかし、土曜日に鉄道を利用する人も多く、多くの人が足止めを食らうことに…。

人身事故が発生した場合、鉄道または線路を点検する必要が出てきます。
これに時間がかかるかかる。

電車の運行がストップしてしまったため、多くの人がバスを利用していました。

このようにバス乗り場には行列が出来ており、また普段バスに乗り慣れていない人たちが少々混乱しスムーズに乗車できないということがあったと言います。

19時33分頃に発生した人身事故、当初の運行再開見込みは20時50分でした。
見込みより少し遅れた、20時54分頃に運行再開となりました。

現在電車が動いていますが、ダイヤに遅れが生じているとのこと。

見出し:SNSネットの反応は?

では最後に、名鉄瀬戸線「印場駅」~「旭前駅」間で発生した人身事故について、SNSではどのような反応があったのかについてまとめていきたいと思います。

調査してみたところ、名鉄瀬戸線では2019年7月2日(火)にも人身事故が発生していました。(事故発生現場は違うところ)

人身事故が同じ路線で続けて発生となると「勘弁してほしい」ですよね…。

まとめ

7月13日(土)に名鉄瀬戸線「印場駅」~「旭前駅」間にて発生した人身事故について情報をまとめていきました。

事故発生時刻は19時33分頃だったとのこと。

朝の人身事故も嫌ですが、個人的には夜の方が嫌ですね。
仕事など疲れて帰っている中で人身事故が発生したら迷惑どころの話ではありません。

死ぬのは勝手ですが、他人に迷惑をかけることは絶対にNGです!!
ここまで人身事故が続くと、ほんとうにいい加減にしてほしいですよね。

自殺する人が多い世の中が悪いのか、自殺する人が悪いのか…。
死ぬのは勝手ですが、他人を巻き込むのはほんとうにやめてほしいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事