1月28日放送の「人生が変わる1分間の深イ話」に
話題のヴァイオリニストの千住真理子さん
出演されます。

この番組は、人生経験豊富なゲストが
深い話とイイ話を足した「深イイ話」が
1分間にまとめられて紹介されるものです。

音楽家とだけあって、
人生経験豊富な千住真理子さんから
どのような話が飛び出すか楽しみですが、
千住真理子さんとはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

千住真理子さんの輝かしい経歴とは?


千住真理子さんは日本で活躍されるヴァイオリニストです。

1962年生まれの56歳で、
音楽家には珍しく音楽大学ではない
慶應義塾大学を卒業されており、
現在はジャパン・アーツという事務所に所属し、
活動されています。

ヴァイオリンを始めたのはなんと2歳の頃!

活躍する音楽家のほとんどが幼い頃から
音楽の英才教育を受けている話を聞くことがありますが、
千住真理子さんもそのようです。

しかし、
練習はあまりすることがなかったようで、
コンクール授賞履歴を見ると、
一番最初が1972年(10歳)の
全日本学生音楽コンクール東京大会小学生の部の
第2位に輝いたときです。

しかしここからが千住真理子さんの凄いところで、
その後12歳にして「NHK交響楽団」と共演し、
プロデビューを果たしました。

更に15歳のとき、日本音楽コンクールで
最年少優勝に輝きました!

華々しい学生時代はやはり天才に加えた
努力の賜物だったと思います。

その後、スランプも経験しましたが、
22歳でプロの道を進むことを決意し、
現在は活動に対し、高い評価がされています。

スポンサーリンク

千住真理子さんの性格とは?はあり得ないほどのせっかち?

このようにコツコツ努力されているので、
辛抱強いイメージがある千住真理子さんですが、
実は周囲も驚くほどのせっかちな性格の持ち主と言われています。

レストランや美容院で待たされるのを
極度に嫌うと公言されており、
このせっかちな性格は家族から受け継がれているそうです。

とはいえ、
これは予約等をしているのなら、店の都合があるにしろ、
待たされないことは当たり前のことで、
おそらく短気・怒りっぽいというよりは、
キッチリした性格なのではないかと思います。

また、普段の仕事の行き来なども歩く距離は
自然と早歩きをしてしまうそうで、
これも時間を無駄にしないキッチリした
性格故なのかなと思います。

千住真理子さんは音楽という
独特の感性をお持ちの方なので、
きっと自分のリズム感が狂うのも嫌なのでしょう。

スポンサーリンク

千住真理子さんは二度の結婚歴!離婚原因とは?

時間に対して自分にも他人にも厳しさを求める
自称せっかちな千住真理子さんですが、
実は現在までに二度の結婚・離婚履歴があるそうです。

それぞれが二度ということは、今は独身です。

せっかちな性格が離婚の原因?と思い、
調べてみるとそれ以上に驚愕な事実がありました。

1度目の結婚は、千住真理子さんが20代の頃で、
お相手はお医者様でした。

しかし、挙式当日に心に深い傷を負う出来事が起こってしまい、
入籍と同時に離婚を決意したという
さすがせっかちな千住真理子さんらしいスピードっぷりです。

活動の事情で1年間は婚姻期間があったようですが、
1度目はわずか短期間で結婚生活を終えました。

2度目の結婚は、千住真理子さんが30代の頃で、
お相手はごく一般な方でした。

今度こそ幸せな結婚生活を、と思っていたそうですが、
結局はヴァイオリンだけに力を注いでいきたいという理由で、
2度目の離婚をされました。

そして、現在はヴァイオリンが伴侶!と
ヴァイオリン演奏に全てを捧ぐ活動をされています。

まとめ

華々しい経歴を持ちながら、せっかちな性格のままに
2度目の結婚離婚を経験し、ヴァイオリン道を突き進む
人生経験豊富な千住真理子さん。

この激動の人生のなかで、
何を得て、何を感じながら生きてきたのか、
彼女の深イイ話が楽しみです。

今回は千住真理子さんについてお調べいたしました。
最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事