2019年7月24日(水)の正午過ぎ。
埼玉県川越市鯨井新田で火災が発生しました。

今回注目する火災の現場となったのは、マンション。
そう、集合住宅にて火災が発生しました。

なぜ火災が発生してしまったのでしょうか。

Twitter上には、現地に居たと思われるユーザーたちが火災の様子を撮影した写真が多く投稿されています。

そこで今回は、多くの投稿から火災現場の様子をみていきます。

スポンサーリンク

川越市鯨井新田のマンション火災当時の様子は?

 

7月24日(水)に埼玉県川越市鯨井新田にて発生した今回の火災。

Twitterには、火災現場を撮影した写真が多く投稿されています。
これらの多くが13時過ぎに投稿されているため、マンション内で発生した火災はおそらく7月24日(水)の13時過ぎに発生したものだと思われます。

では、Twitterに投稿されたツイートを見てみましょう。

Twitterに投稿された写真から、マンションの一室で火災が発生していること。マンションの上の方の階から煙が出ていることが分かります。

少し距離のあるところからの写真の方が煙が分かりやすいかもしれません。

最後に載せた投稿動画をよく見ると、火災の発生に気付いたマンション住民の方々が避難している姿を確認することができます。

火災が発生した階のすぐ下に人が居るのも見えます。大変危険です。

火災が発生し、すぐに119番通報されたのでしょう。
火災現場となったマンション周辺には多くの緊急車両が停まっていました。

すぐに駆け付けた消防車による消火活動が行われています。

マンション火災ということで地上から放水しても届かないだろうし、消火活動に時間がかかってしまいそうですよね…。

こちら、放水の様子を撮影したものです。
避難してきたマンション住民が心配そうに見ている様子が伝わってきます。

火災現場となったマンションの周辺道路には規制線が張られ、通行止めに。

火災現場となったマンションのすぐ近くには「サイゼリヤ鶴ヶ島駅前店」があります。

周辺道路に規制線が張られてしまったため、お店から出れないという事態に…。

万が一のことがないとも言えないので、規制線が張られるのは仕方ないこと。
ですが規制線が張られてしまったために移動できないのは困りますよね。

スポンサーリンク

川越市鯨井新田のマンションで火災による被害者情報は?

 

マンション火災ということで、気になるのは被害者についての情報です。

現時点では、怪我人などの被害者情報は入っていません。
火災が発生してすぐにマンション住民は避難したものと思われます。

(先ほど避難しているマンション住民が映ってる動画がありましたよね)

スポンサーリンク

火災現場はどこ?

 

火災現場となったのは、埼玉県川越市鯨区新田にあるマンションです。

近くにサイゼリヤ鶴ヶ島駅前店があることから、おそらく今回の火災現場となったマンションは「キャッスルメジュール川越デュオステージ」だと思われます。

調査してみたところ、こちら分譲マンションのようです。

火災現場となったマンションに住む住民の方のTwitterを発見。避難している方達のためにエアコンの効いたバスを貸すという素敵なエピソードがありました。

火災現場は明らかになっていませんが、火災現場となったマンションに住んでいる住民の方の情報によると、エアコンから出火したとのこと。

エアコンからの出火が原因って、怖いですよね…。

付けたり消したしするよりも付けたままの方が電気代が安いということでちょっとした買い物だからとエアコンをつけたまま出かける人も多いと思います。

もしエアコンが原因なら、エアコンの使い方を考えないといけません。

川越市鯨井新田のマンションで起きた火事についてSNSネットの反応は?

 

SNSネットの反応についてまとめたかったのですが、数が少ない。そこで、過去のものですがちょっと気になるツイートをここでは載せていきます。

今回と同じく、マンションで火災が発生したときの投稿になります。

マンションで火災が発生すると、規模が小さくても消火活動で水を使うため、下の階の人たちの住む部屋は水浸しになるとのこと。

消火活動しないといけないので仕方ないですが、正直迷惑ですよね。

一軒家だからマンションだからというのはなく、火事はどこで起きても大変ですが、マンション火災の方が多くの人に迷惑をかけるので大変かなと思います。

川越市鯨井新田のマンションで起きた火事のまとめ

7月24日(水)に埼玉県川越市鯨井新田のマンションで発生した火災について情報をまとめていきました。

全国的に火災が発生していて怖いです。

気を付けていても、思わぬところから火が出てくるケースも考えられます。

もし火災が起きてもすぐに対応できるよう、消化管を用意しておくなど自分達でも対応できるものを考えておいた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事