また、東京池袋で高齢ドライバーによる交通事故が発生しました。
交通事故が発生したのは7月24日(水)。

今回の交通事故は高齢ドライバーによる単独事故でした。
幸いにも交通事故に巻き込まれた人は居ない様子。

東京池袋という多くの人が行き交う中で発生した交通事故。
Twitterには現地に居たユーザーが撮影した写真が多く投稿されています。

今回はTwitterに投稿された写真を見ながら事故についてまとめていきます。

スポンサーリンク

池袋で起きた高齢ドライバー事故の概要は?

 

7月24日(水)東京池袋で交通事故が発生しました。
事故が発生した時刻は、午後4時過ぎだったと言います。

東京池袋という多くの人が行き来する場所で発生した交通事故だったため、事故が起きる瞬間を見ていた人も多かったようで…。

目撃情報によりますと、乗用車(白いベンツ)が赤信号であるにも関わらず、交差点内に侵入しようとしていたと言います。

乗用車のすぐ後ろにはミニパトが走っており、赤信号でありながら交差点に進入している乗用車を発見し「赤信号ですその場で停止」と指示をしました。
そして信号が青に変わると警察は「青なのでゆっくり走って左に寄せ停止してください」と指示。その瞬間に乗用車は急発進し歩道に突っ込みました。

その際に、信号機に激突し信号機を倒したとのこと。

Twitterに投稿された事故現場の写真はこちら ↓

乗用車(白いベンツ)が歩道に突っ込み、信号機を倒している事故の様子がTwitterに投稿された写真から分かります。

また、パトカーの多さに驚きますね…。
なんと今回の交通事故で10台ものパトカーが出動したんだとか。

すぐに事故発生現場周辺には規制線が張られ、バス以外の車両は通行止めに。
多くの人に影響を与えることになりました。

事故車両がレッカー車により運ばれたのは同日17時7分頃。
事故車両が片づけられ、池袋の町は通常の姿に戻ったとのことです。

スポンサーリンク

池袋で起きた高齢ドライバー事故運転手の身元情報は?

 

交通事故を起こした男性の名前は現時点では報道されていません。
現行犯逮捕されたとの情報もありませんが…。

現時点で分かっているのは、事故を起こした男性の年齢だけ。
年齢は73歳。
高齢ドライバーによる交通事故であることが明らかになっています。

歩道に乗り上げ、信号に突っ込んでいる今回の交通事故。
幸いにも、ドライバーの命に別状はないとのこと。

事故現場に救急車は到着しましたが、すぐに病院に運ばれるということはありませんでした。=外傷などはなかったのでしょう。

運転手も命に別状はなく、そして歩行者に怪我もなかった。
池袋という多くの人が行き交う場所の歩道に乗り上げ、信号機を倒したにも関わらず被害に遭った人が居ないというのは奇跡に近いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

池袋で起きた高齢ドライバー事故の原因は?

 

今回の交通事故の原因については明らかになっていません。

赤信号であるにも関わらず交差点に進入し、ミニパトに捕まった。
おそらくドライバーはミニパトに見つかったことで動揺したと思われます。

動揺したため、アクセルとブレーキを踏み間違えたのではないでしょうか。
もしかするとミニパトから逃げようとした…?

池袋で起きた高齢ドライバー事故のSNSネットの反応は?

 

では最後に、SNSネットの反応についてまとめていきたいと思います。

池袋という立地もあるのでしょうが、今回の交通事故は特に多くの撮影された写真がTwitterに投稿されていました。

なにかあればすぐに写メを撮りTwitterという風潮は確かにいかがなものか…。

池袋で起きた高齢ドライバー事故のまとめ

7月24日(水)に東京池袋で発生した高齢ドライバーによる交通事故について情報をまとめていきました。

今回は単独事故ということで、ほんとうに被害者が居なくてよかった。

ですが目の前で事故現場を見た人はトラウマになりますよね…。
事故はいつ起きるか分からないから本当に怖い。

気を付けようがないですが、くれぐれも高齢ドライバーには気を付けて。

スポンサーリンク
おすすめの記事