女優の釈由美子さんが、所属する芸能事務所である「トミーズアーティストカンパニー」から、1年半もの間、給与(ギャラ)
をもらわずに仕事をこなしていた可能性が浮上しました。

可能性といえども、「トミーズアーティストカンパニー」の代表取締役、倉持賢一社長がそのような釈明をしているということで、間違いはなさそうです。

釈さんと事務所の間になにがあったのでしょうか。

スポンサーリンク

釈由美子の所属している事務所はどこ?

釈由美子んさんの所属事務所は、『トミーズアーティストカンパニー』という事務所に所属しています。
トミーズアーティストカンパニーの代表取締役は、倉持賢一社長で、今年6月に代表取締役に就任しています。

事務所の規模的にはあまり大きくありません。

1986年1月に設立され、34年目のようですね。

スポンサーリンク

釈由美子以外の所属タレントは誰がいる?


釈由美子さんのほかに、山本梓さんらがいます。

加藤夏子さん、夏海さん、竹内ももこさんら総勢43名のタレントを抱えている事務所です。

とはいえ、メジャーなタレントは釈由美子さん、山本梓さんでしょうか。

その他のタレントさん舞台などで活躍されています。

スポンサーリンク

釈由美子はノーギャラで生活はどうしてた?

釈由美子さんはもともと売れっ子女優さんでしたので、蓄えもそれなりにあるでしょう。

また、旦那様がいくつものレストランなどを経営されている経営者さんですので生活面で不自由しなかったのではないでしょうか。

そもそもがノーギャラではなかったという事務所の発表があります。

ノーギャラではなかった!?未払い金はいくら?

釈由美子さんは一切のノーギャラではなく、一部の賃金を事務所側が支払ってなかった、ということです。

さらに、無断ではなく、釈由美子さんと事務所側が話し合い、支払い計画を釈由美子さんに提示した上で、双方の納得の上行われています。

その額は1千万を超えているともいわれていますが、真偽は不明です。

釈由美子ノーギャラに対するSNSネットの反応は?

今回の事件のまとめ・見解

釈由美子さんは事務所が危機的状況ななか、むしろ協力している立場のようです。

売れっ子タレントが少ないと、会社の経営は大変でしょう。

しかし、なぜ今回はこのような情報が出回ってしまったのでしょうか。

双方同意の上であれば、釈由美子さん側からのリークも考えにくいです。

釈由美子クラスであれば、事務所移籍もできそうですが、事務所に恩などで、貢献しているのでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事