2019年8月15日(木)。
東京都練馬区にある水と緑の遊園地・としまえんにて事故が発生しました。

現在「としまえん」では、夏季シーズンのみのプールが登場しています。
35度を超える猛暑日が続くため、連日多くの人が訪れているんだとか。

事故が発生した8月15日(木)もお盆ということで多くの人が訪れていたでしょう。

今回は8月15日(木)にとしまえんのプールで発生した事故について気になる情報を調査しまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

としまえんふらふわウォーターランドで起きた事故の経緯と概要は?

東京都練馬区にあるとしまえんでは、夏季限定でプールエリアが登場。子供から大人まで楽しめるアトラクションを用意しており、連日大盛況なんだとか。

そんなとしまえんで事故が発生したのは8月15日(木)

プールエリア内にある「ふらふわウォーターランド」というアトラクションにて、8歳の女の子(森本優佳ちゃん)が貸出のライフジャケットを着用したまま遊具にもぐりこんだ状態で溺れているのが発見されました。

溺れていた森本優佳ちゃんは救出されましたが、心肺停止の状態で緊急搬送。
すぐに病院へと運ばれましたが、2時間後となる16時に死亡が確認したとのこと。

事故発生当時、「ふらふわウォーターランド」には7名の監視員が居たと言います。そして遊具の安全点検をしていたとの情報も入っています。

現在、事故の原因を調査していると言います。

スポンサーリンク

森本優佳ちゃんの通ってた小学校はどこ?

としまえんのプールエリアにあるアトラクション「ふらふわウォーターランド」で溺死してしまった8歳の女の子・森本優佳ちゃん。

森本優佳ちゃんは埼玉県朝霞市に住む小学生。
事件当日は、家族4人でとしまえんに遊びに来ていたと言います。

亡くなった森本優佳ちゃんの情報がネットに出ていましたので紹介していきます。

住んでいたのは、埼玉県朝霞市仲町1丁目。
通ってた小学校は通学区域からだと朝霞第六小学校となります。

8歳ということなので、小学校2年生か3年生ですよね。
未来ある幼い命が事故により失われてしまうのは、ほんとうに悲しいです。

森本優佳ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

としまえんのふわふわウォーターランドとは?

今回注目している事件の現場となったのは、としまえんに夏季限定でオープンしているプールエリア内にあるアトラクション「ふわふわウォーターランド」です。

「ふわふわウォーターランド」とは、空気で膨らませたトランポリンやジャングルジム、滑り台などの遊具をプールに浮かべたアトラクションのこと。

このように、とっても魅力的なアトラクションなんです!!

大人が楽しめる「ビックアイランド」や子供も楽しめる「キッズアイランド」などが用意されている有料区間となっています。(1人1日1,000円)

身長110cm未満の子の場合は保護者の付き添いが居るとのことですが、亡くなった森本優佳ちゃんは110cm以上なかったのか、それともあったのか…。

親が付き添っていればおそらく事故は起きていなかったと思います。とすれば、森本優佳ちゃんは親の付き添いがなく、1人でアトラクションを楽しんでいたのかも。

今後のとしまえんの営業と今回の事故についてSNSネットの反応は?

事故が発生したことで、「ふわふわウォーターランド」は営業停止になりました。
おそらくですが、今年の営業は難しいのではないでしょうか。

では最後に、SNSネットの反応をみていきます。

ライフジャケットを着用。監視員も居る。
この状態でなぜ溺れてしまったのか…、監視員を批判する声もありますが、それは違うのではないでしょうか。

監視が必要な場所であるなら、入場規制を設けるべき。

そして小学3年生と言えどまだ子供。
監視員に頼らず、自分でも見ておく必要があったのではないでしょうか。

家族で来ていたとのことですが、家族はどこに居たのでしょう…。

まとめ

8月15日(木)にとしまえんにて発生した事故について情報をまとめていきました。

夏休み、多くの人が楽しむ場所となるはずだったとしまえんでこのような事件が発生してしまい、非常に残念なことだと思います。

防げるはずの事故だったはず。

亡くなった森本優佳ちゃんちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
おすすめの記事