2019年8月16日(金)。
滋賀県大津市坂本7丁目を通る国道161号線、湖西道路(湖西バイパス)にて3台の乗用車が絡む玉突き事故が発生しました。

玉突き事故の影響で、女児1人が心肺停止となり緊急搬送されたとのこと。

今回は、8月16日(金)に発生した玉突き事故について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

湖西道路(湖西バイパス)で起きた玉突き事故の概要は?

8月16日(土)の午後3時半頃。

滋賀県大津市坂本7丁目を通る国道161号線・湖西道路(湖西バイパス)にて交通事故が発生しました。
乗用車3台が絡む玉突き事故が発生したとのこと。

今回の交通事故で、乗用車に乗っていた1歳くらいと見られる女の子が意識不明の重体(心肺停止とのこと)になっています。

大津署によりますと、意識不明の重体となった女児を乗せた乗用車が、前方を走っていた乗用車に追突し、その前の軽自動車に玉突き事故となりました。

スポンサーリンク

湖西道路(湖西バイパス)で起きた玉突き事故当時の状況は?

8月16日(土)午後3時半頃に国道161号線・湖西道路(湖西バイパス)にて発生した3台の乗用車が絡む玉突き事故について。

Twitterには、偶然現地に居合わせたとみられるユーザーの方々が、事故発生現場の当時の状況についてツイートを投稿していました。

では、事故発生当時の状況をみていきましょう。

今回の交通事故は、ニュース番組でも取り上げられていました。

報道ヘリにて上空から撮影されたこちらが事故現場が分かりやすいです。
ファミリーカーのフロントガラスが大破しているのが分かります。

1番後ろにある白いファミリーカー、こちらが前方の車に追突し、玉突き事故となりました。

これらの写真を見てみると、国道161号線・湖西道路(湖西バイパス)の片側2車線の北向き車線は車が通行することができないようになっています。

交通事故の影響で、下阪本〜坂本北ランプ間が通行止めになったとのことです。

交通事故の影響により、国道161号・湖西道路(湖西バイパス)は大渋滞。

どのような事故が起きているのか分からず、どのくらいで通れるようになるのかも分からないまま、長時間待ちぼうけとなった人が多く居たようです。

片側2車線の真ん中を開け(緊急車両用でしょう)、多くの車がエンジンを止めて外に出ている様子がTwitterに投稿されたツイートから明らかになりました。

スポンサーリンク

湖西道路(湖西バイパス)で起きた玉突き事故の被害者の身元情報は?

3台の乗用車が絡む玉突き事故。
1歳と見られる女児が、心肺停止の重体であるという情報が入っています。

女児は、事故の発端となった前方に追突した乗用車に乗っていました。この乗用車には、1歳と見られる女児の他に2人が乗車していたと言います。

現在、身元については明らかになっていません。生死も不明。

1歳というまだ幼い命です。どうか無事でありますように。

そして他に5人もの人が今回の事故により負傷しているとの情報も入っています。

こちらについても現時点では身元は明らかになっていません。
(現時点で分かっている情報は男の子2人、30代、40代の女性が負傷したとのこと)

湖西道路(湖西バイパス)で起きた玉突き事故ついてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応について情報をまとめていきます。

SNSネットの情報によると、事故が発生した国道161号線・湖西道路(湖西バイパス)は普段からスピード違反をし猛スピードで走行している人が多いとのこと。

今回ももしかしたら、スピードを出し過ぎていたのかも…。

まとめ

8月16日(土)に国道161号線・湖西道路(湖西バイパス)にて発生した3台の乗用車が絡む玉突き事故が発生したということで情報をまとめていきました。

玉突き事故…、ひどい事故現場でしたね。

今回の事故の原因は明らかになっていませんが、スピードの出し過ぎが原因かも。
スピードを出し過ぎてブレーキが間に合わなかったのではないでしょうか。

車を運転するドライバーのみなさん、くれぐれも安全運転で。
自分の命を守ることはもちろん、自分の大切な人を守るためにも。

スポンサーリンク
おすすめの記事