またしても、あおり運転による事件が発生してしまいました。

事件が発生したのは、2019年8月7日(水)の午後9時頃。
大分県玖珠郡玖珠町にて発生。

軽自動車を運転していた運転手が後続を走るトラック相手にあおり運転を行ったのです。トラックに付けられたドライブレコーダーが事件の様子を捉えていました。

一体なにが行ったのか。気になる情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

大分県玖珠郡玖珠町にて起きたあおり運転概要は?

危険運転の映像。

走行中に突然、蛇行を始める軽自動車。

後ろを走っていたトラックの運転手は、身の危険を感じて警察に通報した。

その一部始終をドライブレコーダーがとらえている。

またしても明らかになった危険な運転。

蛇行した軽自動車の運転手は、トラックに逆ギレ。

蛇行運転した運転手「お前があおるんちゃうんか、コラ!」

トラック運転手「あおったか? 俺が?」

蛇行運転した運転手「あおっちょるやないか、コラ!」

さらに...。
「鉄の棒を持っていました」、「『降りてこい、降りてこい』って言われたんですよ」

夜の道路を、右に左に蛇行する軽自動車。

現場は、大分・玖珠町(くすまち)。
8月7日午後9時ごろのことだった。

トラックに搭載されたドライブレコーダーは、トラブルの一部始終を記録していた。

赤信号で停車する、1台の軽自動車。

青に変わると同時に発進し、トラックもその後ろを走り始める。

その直後、軽自動車が、急にスピードを落とした。

突然の蛇行運転に、思わずクラクションを鳴らす、トラック運転手の男性。

すると、軽自動車を運転する男は、反対車線に停車し、なぜか、蛇行した軽自動車の運転手が「トラックにあおられた」とアピール。

蛇行運転した運転手「お前があおるんちゃうんか、コラ!」

トラック運転手「あおったか? 俺が?」

蛇行運転した運転手「あおっちょるやないか、コラ!」

トラック運転手「あおってねぇやろうが~」

謎の主張に面食らい、思わず窓を開けて反論したという男性は、「近づいたら、いきなり数秒で蛇行運転が始まった。ビックリしましたね。すごい蛇行運転だったんで。『あおったろうが!』とか大きい声で言われたんですよ、最初に。それで、道路上で言い合いになったみたいな感じです」と話した。

男性によると、相手の男は年齢40歳ぐらいで、身長は170cm前半。

酒に酔ったような様子はなかったということだが、右手には、長さ60cmから70cmほどの“鉄の棒”のようなものを握っていたという。

蛇行運転した運転手「降りてこいや、コラ!」

トラック運転手「そんなん持っちょったら、降りられるわけねぇやろうが」

蛇行運転した運転手「お前があおっちょったけん、俺に。降りてこいっちゃ」

“鉄の棒”を手に「降りて来い」と叫ぶ男に、身の危険を感じたトラック運転手の男性は、ドアをロックし、警察に通報することに。

危険運転をされたトラック運転手は、「降りたら何されるかわからないじゃないですか。(トラックを触ってきたりは?)しました。(男が外から)ドアを開けようとしたんですけど、自分がちょっと手前でロックが間に合ったんで、ドアは開かなかったです」と話した。

その際、相手の男は、ドライブレコーダーの存在を知ると、自分が不利だと感じたのか、その場から去って行ったという。

トラック運転手「俺さ、警察電話するわ」

蛇行運転した運転手「いや、ちょっと待てってコラ」

トラック運転手「俺がいつあおったか、ドライブレコーダーついちょるけん」

蛇行運転した運転手「あとから来いや!!」

トラック運転手「ちょっと待てよ!」

その後、男性は、ドライブレコーダーの記録を警察に提出したという。

(テレビ大分)

まったく意味が分からないのですが、軽自動車を運転していた運転手は一体なにがしたかったのでしょうか。

スポンサーリンク

大分県玖珠郡玖珠町にて起きたあおり運転トラブルの原因は何だった?

 

軽自動車を運転していた運転手は、なぜ後続を走るトラックに対しあおり運転を行ったのでしょうか。
反対車線を利用しての蛇行運転なんて危険過ぎます。

現時点でまだあおり運転を行った加害者は見つかっていません。
そして、トラブルの現認についても不明となっています。

見出し:加害者と被害者の身元情報は? 

トラックを運転していたドライバーのSNSを発見しました。

被害に遭われた方は、「たかし」という方のようです。

たかしさんは自身のTwitterで、あおり運転の動画(ドラレコより撮影)を投稿し、事件が発生した当時の状況、気持ちなどをツイートしています。

あおり運転を行った加害者は、まだ逮捕されていないと言います。
現時点で明らかになっている情報は、40代の男性、身長は170cm前半ということ。

軽自動車のナンバーは…、夜で周りが暗いということもあり分かりにくいですね。

事件が発生したのは8月7日(水)、もう10日が経とうとしています。
はやくあおり運転を行ったドライバーの身元が判明するといいのですが…。

スポンサーリンク

あおり運転に巻き込まれた時の対処法は?

 

自動車を運転するドライバーにとって、今なにより怖いのはあおり運転です。

私も普段から自動車を運転しています。
子供を乗せて運転することも多いので、あおり運転は非常に怖いです。

では、もしあおり運転に巻き込まれた場合はどのように対処すればいいのか。

対処法はこちら ↓

闘争心を捨てる
窓・ドアを絶対開けない
動画撮影で証拠を

ドライブレコーダーを設置することをおすすめします。
車に「撮影中」のシールを貼っておくのも対処法になるのではないでしょうか。

大分県玖珠郡玖珠町にて起きたあおり運転についてSNSネットの反応は?

 

では最後に、SNSネットの反応についてみていきましょう。

やることがむちゃくちゃ。ドライブレコーダーに録画されていれば、ばれたも同然なのに・・。
鉄パイプのようなものを持っていたという準備周到さ。因縁を吹っかけ
喧嘩に持ち込もうというのが見え見え。
でも、いざ捕まると懲罰は生ぬるいものばかり・・。これから先、悪質なものや危険運転で重大事故を起こした者には、即取り消しや再取得権を認めないなどの法改正が絶対必要。
こんな無体なことをする輩に人権など必要あるまい。

常磐道であおり運転した上、暴行する事件があったばかりなのに、まだこんな運転者がいたのか!本当にいい加減にして欲しいですね。やられたトラックはドアを開けられる前にロックしたから今回は怪我などはなかったけど鉄パイプを持っている人とか危険人物が多すぎる。車を運転する時は常にロックしておかないと危険人物が現れた時は何されるかわからないので、絶対にドアや窓は開けずに、構わず警察に通報して良いと思います。あおり運転した時点で犯罪になりますので。

それにしてもあおり運転は減るどころか増えているのではないか。厳しい罰を与えるというのも賛成なのだが実際のところこの映像で取り締まる側の警察が動いてくれるかどうかと疑問を感じる。事件が起こらないと動かないといった批判もあるしどこまで対応してくれるかがわからない。実際に東名高速での事故、今回の常磐道での事故においても対応は遅かった気がする。春先の滋賀県の事故を含め他国の対策を参考に取り入れることも必要と思う。

まぁドラレコが増えたからここまで頻繁にニュースになるだけで、昔から車のトラブルは多いよね。

実際トラックは後ろに付かれると威圧感凄いし、無駄にビタ付けしてくる奴もいっぱい居る。
いきなり追い越し車線に来たと思ったらゆっくり走ってる左車線のヤツといつまでも並走してみたりね。
この運転手がどんな運転だったかはよくわからないけど、とにかくトラックは基本的に動作デカいしゆっくりなんだから、もう少し気を使って運転した方がいいなって思うドライバーが多すぎる。

最近ドラレコがあるのをいいことに、わざとゆっくり走って煽られたとか言ってネットに上げるようなバカも増えてるみたいだし。

ニュースで目につくのは煽る側がやり過ぎな場合が多いから、何がなんでも煽る奴が悪い!みたいな空気になってるけど、煽られる側にも問題がある場合も多いと思うから警察はしっかり調べてから取り締まって欲しい。

今度は大分か。 なんか、最近煽り運転のニュースが流れると、立て続けにこの手の事件が生じているような。
勿論ドラレコの普及や関心が拡がった事もあるんだろうけど、ニュースで報道されるとそれを模倣する輩が増える、この事件もその種ではないのかな。
事件的には、精々罰金刑か執行猶予だろうから、大して罪の意識は無いのだろう。
酒酔い運転みたいに、一発免停くらいの罰を与えないと。
ひき逃げの場合は、通報からものの数分で緊走で来るけど、こんなに同様の事件が多いと、警察も手が回らくなって「またか」と軽視されるようにならなきゃいいけど。
二次的被害とは言え、実際に死者まで出ているんだから。

まとめ

大分県玖珠郡玖珠町にて発生したあおり運転について情報をまとめていきました。

立て続けにあおり運転の報道が…。
「俺もニュースに出てやろう」などと考えるのでしょうか。

なぜこのようなことをするのか理解に苦しみます。
ほんとうに、このような人物と遭遇したくありません。

もしあおり運転をされたら、今回紹介した対処法で対処するようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事