2019年8月10日(土)茨城県常盤自動車道にて、あおり運転を行ったドライバーが後続のドライバーに対し合計5発殴るという暴行事件が発生しました。

ドライブレコーダーが当時の様子を捉えており、今破門を呼んでいます。

そして現在、加害者として宮崎文夫容疑者は指名手配中。
SNSを探してみると、宮崎文夫のものとみられるInstagramを2つ発見。

そのInstagramを見てみると、そこには衝撃的な内容があったのです。

スポンサーリンク

宮崎文夫容疑者は当たり屋だった?

宮崎文夫容疑者のものとみられるInstagramはこちら ↓

omasu2018
omasu2019

この2つ目のInstagramの投稿を見てみると、衝撃的な内容の投稿を発見。

なんとInstagramに「6月に高級車に3回追突された」という投稿をしており、自分が被害者であるということをアピールしていたのです。

被害に遭ったのは、2019年6月8日(土)午前0時15分頃のこと。

宮崎文夫容疑者が代表取締社長を務める会社の社名義車両「ポルシェカイエンターボ」を運転していたところ、後ろから10tトラックに追突されたと言う。

追突された回数はなんと3回。

警察に被害届を提出し、警察から追突してきた10tトラックを運転していたドライバーの名前、運送会社の名前を聞いているということ。

事故から2ヶ月が経過しているが、連絡がないということ。

追突された車の購入先のディーラーから修理費が500~600万かかるということ。

これらのことを追突された車の写真ととともに投稿しているのです。

トラックを運転していたドライバーが俺の事業を妨害してきてるというよく分からない被害妄想も披露(笑)していました。

しかし実際には、修理費は100万円程だったのだとか。

もしかすると、今回指名手配に至った原因である茨城県常盤自動車道で発生したあおり運転も6月と同様に当たり屋目的だったのかも…。

スポンサーリンク

宮崎文夫容疑者は高級車多数所持で相当の金持ち?

宮崎文夫容疑者のInstagramをチェックしてみましょう。

おいしそうな食事がたくさんInstagramに投稿されています。
中にはなんだか高そうなお店も映っていますよね。

またInstagramをさらにチェックしてみると、フェラリーなど高級車を所持している様子も確認することができました。

かなり贅沢な生活をされているみたい…。

スポンサーリンク

宮崎文夫容疑者の年収はどのくらい?

Instagramをチェックしてみると、どうやらかなり贅沢な生活をしている様子の宮崎文夫容疑者。

現在、宮崎プロパティマネジメント株式会社の代表取締役社長をしています。

宮崎文夫容疑者は親族が所有するマンションを受け継ぎ、不動産の管理や賃貸業を始めたと言います。
文春オンラインによると、不動産コンサルティングも手掛けており、あちこちに顔を出しビジネスマン向けのWEBマガジンでは背広を着用しインタビューを受けたりといったこともしているのだとか。

そうなるとかなりの年収になるはず。
いくらというのは予想は難しいですが、何千万となるのではないでしょうか。

Instagramに投稿された贅沢な暮らし振りも納得です。

宮崎文夫容疑者についてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応をみていきましょう。

事業を行い成功。
贅沢な暮らしをしているようなのに、なぜこのような行為を行うのか。

なにか闇でも抱えていた…?

現在指名中とのことですが、一刻も早く犯人逮捕となってほしいですね。

まとめ

現在渦中の人物となっている宮崎文夫容疑者。

過去に当たり屋的な行為をしていたことが自身のInstagramにより明らかになっています。

なぜInstagramが放置されているのかという疑問の声もSNSにはあるようです。
しかしもし削除してしまった場合どこからアクセスしたのかが分かるのだとか。

そこまで計算しているのか不明ですが…。

宮崎文夫が逮捕された暁には、なぜこのような悪質な行為を行ったのか。
動機ときちんとした謝罪。

またそれ相当な罰が与えられるべきだと思います。

指名手配されていますが、未だ見つかっていません、
一刻も早く、犯人逮捕となりますように。

スポンサーリンク
おすすめの記事