8月25日(日)。茨城県で車が対向車線にはみ出し、対向車線を走っていた軽乗用車を正面衝突するという事故が発生しました。

軽自動車は大破。
運転席に乗っていた男性は救助されましたが、助手席に乗っていた女性は救助されず、なんと6時間以上も車に放置されていたと言います。

なぜこのような事態になってしまったのでしょうか…。

今回は事故の概要、SNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

消防に気づかれなかった廣瀬多恵子さんの事故の概要は?

 

今回注目している事故の概要はこちら ↓

25日、茨城県で車が対向車線にはみ出し、軽乗用車と正面衝突する事故があった。軽乗用車を運転していた男性は救助されたがその後、死亡。助手席には男性の妻がいたが気づかれず、6時間以上もたった後で発見され、死亡が確認された。

26日午後、急きょ謝罪会見を開いた茨城県かすみがうら市の市長。

かすみがうら市・坪井透市長「普通乗用車と軽乗用車の正面衝突事故が発生し、傷病者1名を発見できずに搬送できなかった事案が発生いたしました。この度は誠に申し訳ございませんでした」

対向車線にはみ出した車が、軽乗用車と衝突。衝突された車内には女性がいたが、消防隊員らが気づかず、約6時間半もの間、放置されていた。衝突された車は原形をとどめないほど大破している。

記者「女性の乗っていた助手席側が、特に大きくつぶれているのがわかります」

放置された女性は、その後、死亡が確認された。現場で何が起きたのだろうか。

25日午前4時過ぎ、路面がぬれた左カーブの国道を走っていた19歳少年の運転する車。しかし、車線をはみ出し、対向から走って来た軽乗用車と正面衝突した。消防は横転し大破した軽乗用車の車内から、運転席にいた廣瀬忠昭さん(74)を救出。病院に搬送したが、その後、死亡が確認された。

実はこの時、助手席には廣瀬さんの妻、多恵子さん(75)もいた。しかし、消防は女性を発見できなかった。そして、約6時間半後。土浦警察署に車がレッカー移動された際、警察官が車内を確認すると、うずくまるように助手席にいた女性を発見したという。

26日、消防は会見で発見できなかった理由をこう話した。

片岡修次長「トランク後部座席に荷物が散乱しているため、(一部荷物を)排除したということで、そこから再度検索、運転席から助手席を目視したが(女性を)確認できませんでした」

Q「散乱物かきわければ簡単に(女性を)発見できたのではないかと聞こえますが?」
「…」

多くの荷物が積まれた車内は横転したことで物が散乱。消防隊員など6人で、助手席は“目視”による確認をしたが、女性に気がつかなかったという。

事故を起こした19歳の少年は26日、過失運転致死の疑いで、逮捕された。警察によると、酒を飲んで運転していた可能性が高いという。調べに対して、容疑を認めているという。

引用元:NNN

スポンサーリンク

消防が廣瀬多恵子さんに気づかなかった理由は?

 

事故が発生し救助に駆け付けた消防隊員は、大破した軽乗用車の中から運転席にいた男性を救助しました。

消防隊員が気が付かなかったのは、助手席に乗っていた女性です。
助手席に乗っていた女性は、運転席に乗っていた男性の妻だったとのこと。

なぜ消防は助手席に乗っていた女性に気が付かなったのでしょうか。

今回注目している交通事故は普通乗用車と軽乗用車との正面衝突です。こういった事故の場合、軽乗用車の方が衝撃が強く大破しやすいことはみなさん知っているでしょう。

事故に遭った軽乗用車は、原型を留めていないほど大破してしまったとのこと。

おそらく、助手席側はぺちゃんこだったのではないでしょうか。
そのため、人が乗っていたことに気が付かなかったものだと思われます。

遺族の方には大変申し訳ありませんが、おそらく事故に遭ったことで大破した車に押しつぶされる形になり、外から人が居ることが確認できないくらいだったのでしょう。

スポンサーリンク

廣瀬忠昭・多恵子さんの顔画像と身元情報は?

 

今回被害に遭われ亡くなったのは、廣瀬忠昭さん(74)と多恵子さん(75)です。

軽乗用車を運転していた廣瀬忠昭さんは消防隊員により救助され病院に搬送されましたがその後死亡が確認。多恵子さんはおそらく即死だったのでしょう。

顔画像についてですが、現時点では明らかになっていません。
身元情報も現時点で分かっているのは名前だけですね。どこに住んでいる方なのかという情報については明らかになっていません。

遺族が公表しないでほしいと言った可能性も考えられるでしょう。

消防に気づかれなかった廣瀬多恵子さんの事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、今回注目している事故についてSNSネットの反応をまとめていきます。

こんな事ってあるのかいな???
車の中の人を見落とす…?(汗)
それが原因で亡くなってしまったのなら本当にお気の毒な話です。 救急隊員さん…トラウマにならないといいけど…

発見出来なかったのは残念ですが、加害者の少年も人生終わりましたね!
まぁ 未成年で酒飲んで運転して人殺して……きれいごと言って 更正の道をとか言うけど、ゴミはごみです役に立たない輩は必要ないです。

原型を留めないほど大破してる車で6時間後に発見された事にフォーカスを当てて消防を批判する事がおかしい。
飲酒運転の疑いのある未成年が重大事故を起こした事を報道すべきでしょう。

ご遺族には大変申し上げにくいが
恐らく即死に近いのではなかろうか?
消防を責めるより19歳で飲酒運転して
人を殺した加害者を責めるべきだと思う
マスコミも行政のミスをことさら
騒ぎ立てるのは如何なものか?

取り敢えず一生免許剥奪は必須でしょうね。

19で飲酒で相手が亡くなって…
ローン組み不可とか資格、免許類の取得不可とか仕事にもプライベートにも一生痛みを背負う罰則があっても良いんじゃないかなぁ

まとめ

8月25日(日)に発生した交通事故、助手席に乗っていた女性が発見されず6時間車に残されたままであったということについて情報をまとめていきました。

発見できなかった消防隊員を責めるようなニュースですが、今回の事故で一番悪いのは対向車線をはみ出し運転した19歳の男性です。

19歳で20歳以下であるため名前は公表されていません。

18歳で選挙権があるのであれば、もう18歳以上は名前を公表していいのではないでしょうか。いや、もう少年法は必要なのでしょうか。

名前を公表し、すぐに出所してのうのうと生きていくなんてことがないようにしっかり罰して欲しいと心から思います

スポンサーリンク
おすすめの記事