2019年8月27日(火)。
東京駅・日本橋付近、神田橋にてトラック火災が発生しました。

Twitterには現地に偶然居合わせたとみられるユーザーの方々が、火災発生現場の当時の状況が良くわかるツイートを数多く投稿していました。

そこで今回はトラック火災の概要、SNSネットの反応を紹介していきます。

スポンサーリンク

首都高速「江戸橋出口」付近で起きたトラック火災の概要と原因は?

8月27日(火)に東京都内を走る首都高速にてトラック火災が発生しました。

Twitterの目撃情報によると、トラック火災が発生した場所は東京都内の首都高速「江戸橋出口」のすぐ近くで、発生時刻は13時頃とのことです。

なぜトラック火災が発生してしまったのか。
今回発生したトラック火災について、火災発生の原因は明らかになっていません。

こちらはTwitterにアップされている火災発生現場の画像となります ↓

この画像から、エンジンルームにて火災が発生していることが分かると思います。

全国的に多発している車両火災。

原因として当てはまるのは燃料やオイル漏れ、エンジンルーム内へのウエスの置き忘れ、バッテリーのターミナルが緩むことでショートするなどがあります。

多くがメンテナンス不足により、車両火災が発生しているとのこと。

今回の車両火災の原因は明らかになっていませんが、おそらくこのようなことが原因により車両火災が発生したものであると思われます。

トラック火災が発生し、首都高は通行止めとなりました。

スポンサーリンク

首都高速「江戸橋出口」付近で起きたトラック火災の当時の火災動画画像は?

Twitterには、8月27日(火)13時頃に首都高にて発生したトラック火災の状況が分かる動画・画像が数多くツイートされていました。

では、火災の状況が分かる動画・画像をみていきましょう。

13時頃に発生した火災、1時半にはトラックの大部分が燃えていました。

スポンサーリンク

首都高速「江戸橋出口」付近で起きたトラック火災のドライバーの安否と身元情報は?

今回注目しているトラック火災。
気になるのは、トラックを運転していたドライバーの安否です。

火災発生現場の状況を再度見てみましょう ↓

Twitterにアップされている画像を確認してみると、燃えているトラックが首都高の路肩に寄っているところを確認することができると思います。

ということは、火災が発生しドライバーはすぐに路肩へ移動したのでしょう。

火災が発生し路肩へトラックを移動させたドライバーは安全なところへ避難したものと思われます。

Twitterにアップされたこちらの動画を見てみると、燃えているトラックの後ろに人が居るのが見えます。おそらくこの人物がドライバーでしょう。
トラックは燃えたまま前に動いていました。

火災が発生して焦ったドライバーがサイドブレーキを引かずに外へ避難してしまったものと見られています。

他の車に激突という事態にならずに済んでよかった…。

消防車が到着したときにはすでにトラックは燃え尽きてしまっていたと言います。

ちなみに現時点で被害に遭われた方が居るという情報は入っていません。

また身元情報についても明らかになっていません。

首都高速「江戸橋出口」付近で起きたトラック火災についてSNSネットの反応は?

では最後に、首都高で発生したトラック火災についてSNSネットの反応をまとめていきたいと思います。

Twitterでトラック火災についての反応を見てみると、東京都内を走る首都高で発生した火災ということで、多くの目撃情報がありました。

首都高の周りにビルが多くあるため、上から撮影された画像が多かったようです。

まとめ

8月27日(火)に東京都内を走る首都高で発生したトラック火災について情報をまとめていきました。

車両火災が全国的に多発しています。
高速道路や首都高などスピードを出す車が多い場所で発生するケースが多い様子。

車両火災はいつどこでどのように発生するのか分かりません。
明日は我が身、ドライバーの方は、しっかりメンテナンスを行いましょう。

車のメンテナンスをすることで、車両火災が発生する可能性がぐっと下がります。

スポンサーリンク
おすすめの記事