2019年7月9日(火)に亡くなった、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏。ジャニーさんの愛称で親しまれ、訃報は世間を驚かせました。

そして約2ヶ月が経った9月4日(水)。
ジャニーさんの「お別れ会」が、東京ドームにて執り行われました。

東京ドームには、多くの取材陣が詰めかけたと言います。
詰めかけた理由はもちろん、お別れ会に参列した芸能人の取材です。

お別れ会に参列するために東京ドームに訪れたのは、現役のジャニーズ事務所のタレントたち。そして、多くの芸能人。
さらに、元ジャニーズ事務所のタレントたちも多く訪れたと言います。

中には取材陣を驚かせる意外な人物も東京ドームに訪れたと言います。その意外な人物の一人が、男闘呼組の成田昭次さんです。

2009年以降芸能活動を停止しており、消息が不明だった成田昭次さんの登場に、報道陣の多くが驚いたと言います。

そこで今回は、成田昭次さんについて注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

男闘呼組・成田昭次のプロフ経歴は?

名前 成田昭次(なりたしょうじ)
生年月日 1968年8月1日
出身地 愛知県名古屋市熱田区
身長 175cm
所属事務所 元ジャニーズ事務所(男闘呼組)

元々、兄の成田健一さんが先にジャニーズJr.として活動していました。活動の様子を見ていた成田昭次さんは「僕もやりたい!」と思い、名古屋で行われた近藤真彦さんのコンサートにて、ジャニー喜多川氏に直接頼み込んだと言います。

そして中学校を卒業し高校生になったころ、成田昭次さんは東京の合宿所で過ごすことが多くなり、そのまま高校を中退してしまったのだとか。

1984年に男闘呼組の前身である東京(東京男組)のメンバーに選ばれ、その4年後となる1988年に男闘呼組としてレコードデビューしました。

男闘呼組は成田昭次さん、前田耕陽さん、岡本健一さん、高橋一也さんの4人で構成されたロックバンドのグループで、当時大変な人気がありました。

アイドルだけどアイドルじゃない、アーティスト色が強いグループでした。

成田昭次さんが加入していた男闘呼組の活動は順調そのもので、1986年1月には「アイドル花組おとこ組」という冠番組が放送をスタート。

そして同年4月には名古屋市民会館にてファーストライブを行いました。

男闘呼組はヒット曲も多くリリース。
「DAYBREAK」「秋」「TIME ZONE」は有名ですよね!

しかし1993年6月30日付けで、突如グループは活動休止してしまいます。
事実上の解散となりその後男闘呼組が活動を再開することはありませんでした。

成田昭次さんはその後、ソロでCDをリリースするなど活動を行ってきました。
ライブハウスを中心に活動を行い、1997年には昔からの知り合いとともにINORGANICというバンドを結成します(2001年に解散)。

そして2001年には「What's」という新バンドを結成。
これを機にジャニーズ事務所から日本クラウンへと移籍しました。

男闘呼組としての活動が終了した後も、音楽活動を継続していた成田昭次さん。

そして2009年に事件が発生します。
自宅にて乾燥大麻を所持していたことが見つかり、大麻取締法違反で現行犯逮捕されたのです。
東京地裁に起訴された成田昭次さんは懲役6月、執行猶予3年となりました。

そしてその後、成田昭次さんの消息は不明となっていました。

そのため、今回姿を見せたことに驚いた人は多かったのです。

スポンサーリンク

男闘呼組・成田昭次の若い頃の画像と現在の姿は?

こちらは、まだ男闘呼組として活動していた頃の成田昭次さんです。

そしてこちらが現在の姿となります。
元「忍者」の正木慎也さんがTwitterに写真をアップしていました。

スポンサーリンク

男闘呼組・成田昭次は今何をしてるの?

成田昭次さんが現在なにをしているのかということは明らかになっていません。

芸能界に籍を置いていないということは確かです。
今でもひっそりと音楽活動を続けている可能性もなくはないですが…。

男闘呼組・成田昭次についてSNSネット反応は?

では最後に、SNSネットの反応をみていきましょう。

消息不明だったため、生存確認できてうれしいという声が多くありました。

まとめ

9月4日(水)に東京ドームにて執り行われたジャニー喜多川氏の「お別れ会」に、元男闘呼組の成田照次さんが訪れたことがSNSで話題になりました。

当時のファンからすると、生存確認できたことはとても嬉しいですよね。
年を取った今も、昔と変わらずかっこよかった。

不謹慎ですが、ジャニーさんがこうしてみんなが集まれる機会を作ってくれたのかななんて。空の上から「お別れ会」の様子を見守っていたことでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事