2019年9月19日、東京都町田市の工務店で、男性が鉄パイプの下敷きとなり亡くなる事故が発生しました。

男性は工務店の従業員で、業務中に亡くなったそうです。事故が起きた原因は未だ究明中とか。

今回の記事では、事故の概要や亡くなった男性の情報をまとめました。

スポンサーリンク

東京都町田市の工務店で、男性が鉄パイプの下敷きとなった事故の概要は?

 
事故の概要を見てみましょう。

東京・町田市の工務店で、69歳の従業員の男性がフォークリフトに載せて運んでいた鉄パイプの下敷きになって死亡しました。

9日午前9時ごろ、町田市野津田町の工務店で従業員の後藤哲夫さんが鉄パイプの束をフォークリフトで運ぶ作業をしていたところ、鉄パイプが崩れ落ちて下敷きになりました。後藤さんは病院に搬送されましたが、約1時間後に死亡が確認されました。事故当時、後藤さんは1人で作業をしていて、音に気が付いた従業員が駆け付けるとフォークリフトから降りた状態で倒れていたということです。警視庁は事故が起きた原因を詳しく調べています。”  

引用元:Yahoo!ニュース

作業中に何らかの操作を誤り、鉄パイプの下敷きとなってしまったのでしょうか…。想像するだけでも、激しい痛みと苦しみの中亡くなったのだろうなとわかります。亡くなった後藤さんのご冥福を祈るとともに、事故の原因が早く明らかになり、また同じような事故が起きないように活かされることを願います。

スポンサーリンク

後藤哲也さんのプロフィール

亡くなった男性のプロフィールは下記となります。
 
・名前 後藤哲也
・年齢 69
・住所 町田市野津田町
・職業 工務店勤務

スポンサーリンク

後藤哲也さんの顔写真は?

亡くなった後藤さんの顔写真は公開されておりません。

後藤哲也さんの事故がニュースでも取り上げられました

東京都町田市の工務店で後藤さんが亡くなった事故は、ニュースで取り上げられています。

後藤哲也さんの事故の現場はどこ?

 
事故があった工務店は、東京都町田市にある工務店です。

グーグルマップ引用

後藤哲也さんの事故の詳細は?

 
9月19日に鉄パイプの下敷きとなり男性が亡くなった事故。詳細を見てみます。

亡くなった後藤哲也さんは鉄パイプをフォークリフトで運ぶ作業中に、落ちてきた鉄パイプの下敷きとなりました。

後藤哲也さんのSNS情報は?

今回の事故で亡くなった後藤さんのFacebookアカウントを調査しましたが、結果、本人の特定はできませんでした。69歳の高齢者ということもあり、Facebookを利用していないことも大いに考えられます。

後藤哲也さん事故に対するネット上の反応は?

ネット上での、今回の事故への反応はどのようなものでしょうか。

“若い人手が足りないのか高齢者が働かなくてはならない社会なのか。いずれにせよ、70歳近い人達が働かなくてはならない社会構造が問題だな。“
(ヤフーニュース)

“69歳になってまで働かなくてはならない日本。60歳定年制、退職金、年金 ...かつての神話はどこへ。”
(ヤフーニュース)

“いや今どきの69歳なんてまだ若いでしょ。働けるなら働いてもらわないと。”
(ヤフーニュース)

ヤフーニュースに寄せられておりましたコメントを引用しました。

主には亡くなった後藤さんの年齢に言及するものが目立ち、高齢者でも働かざるを得ない現在の日本の現状への憂いや、69歳はまだ高齢者とは呼べないとの見方があるようです。

私は、69歳の方は立派に高齢者と呼んでよいと思っていますが、高齢者が働くのならより一層仕事環境の安全は意識する必要があると思います。体力や知覚能力はやはり若いころより衰えるものなので、配慮した働き方を整備しなければなりません。

まとめ

東京都町田市の工務店で、69歳の男性が鉄パイプの下敷きとなり亡くなった事故についてまとめました。

今後さらに働く高齢者が増えることが予想される中、事故やけがのないよう安心して働ける環境づくりが先決だと思います。亡くなった後藤哲也さんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク
おすすめの記事