2019年9月27日(金)。
「大阪駅」~「鶴本駅」間で橋桁にトラックが衝突するというトラブルが発生。
その影響でJR神戸線、JR京都線が運転を見合わせることとなりました。

一体なぜこのような事故が発生してしまったのでしょうか。

今回は事故の概要について、SNSネットの反応について情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2019年9月27日「大阪駅」~「鶴本駅」間で橋桁にトラックが衝突した事故の概要

9月27日(金)にJR神戸線・JR京都線「大阪駅」~「鶴本駅」間で橋桁にトラックが衝突するというトラブルが発生してしまいました。

事故が発生したのは、午前9時30分頃のこと。

ちなみに橋桁とは橋ぐいの上に渡して橋板を支える材のことを言います。
説明を聞いても分からない方はこちらのツイートを見てみて下さい ↓

(こちらは今回の事故発生現場ではありませんので)

このような橋桁に、今回トラックが衝突してしまったと言うのです。

一体なぜ橋桁にトラックが衝突してしまうのか。
実はトラックが橋桁に衝突してしまう事故は、珍しくありません。

多くがトラックの積載物が橋桁に当たってしまったことで起きてしまうのだとか。

今回注目している事故の原因については現時点ではまだ公表されていません。
しかし他の橋桁の事故と同様、積載物が衝突してしまったものと考えられます。

トラックが載せている積載物の高さをドライバーが把握できていなかったためにこのような事故が発生してしまったものだと思われます。

スポンサーリンク

2019年9月27日「大阪駅」~「鶴本駅」間で橋桁にトラックが衝突した事故当時の動画画像は?

トラックが橋桁に衝突してしまったことにより、JR神戸線・JR京都線「大阪駅」~「鶴本駅」間が一時運転を見合わせることとなりました。

Twitterには事故発生当時にJR神戸線・JR京都線を利用しようとしていたユーザーが当時の状況を撮影した画像や動画などを投稿しています。

では、当時の状況をみていきましょう。

当時の状況ですが、あまり画像や動画は投稿されていませんでした。

人身事故とはまた違うからでしょうか。
Twitterに投稿されていたのは、一時運転見合わせとなったため各駅で停車している電車の様子を撮影した写真たち。

平日の9時30分頃に発生したということで、電車を利用する人は少なかったのかもしれませんね。これが朝や夕方のピーク時だったとしたら…。

スポンサーリンク

2019年9月27日「大阪駅」~「鶴本駅」間で橋桁にトラックが衝突した事故の運転手の身元と被害状況は?

今回橋桁に衝突し、JR神戸線とJR京都線の運転を一時的に停止されたのは、トラックを運転する運転手です。

運転手の身元と被害状況についてですが、現時点では入ってきていません。

トラックの運転手とのことなのでおそらく社名が記載されたトラックを運転していたはず。身元は現場では明らかになっていますが報道はされていないようです。

今後身元が公表される可能性は低いと言っても過言ではないでしょう。

被害状況についても現時点では明らかになっていません。
橋桁に衝突し他の車と衝突したとの情報もないですし、積載物が橋桁と衝突したのであれば運転手は怪我をしていない可能性は高い。

ですが衝突時の衝撃でムチ打ちなどが心配されます。

2019年9月27日「大阪駅」~「鶴本駅」間で橋桁にトラックが衝突した事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応について情報をまとめていきます。

トラックが橋桁に衝突したことで運転を一時停止したJR神戸線とJR京都線。

特にJR神戸線は最近人身事故が多く、停止することが多いのだとか。
電車をよく利用する人からすると困りますよね。

まとめ

9月27日(金)にJR神戸線・JR京都線「大阪駅」~「鶴本駅」間の橋桁でトラックが衝突した事故について今回は情報をまとめていきました。

トラックが衝突…。
事故現場はどのような状態だったのでしょうか。

Twitterを調査してみましたが見つからなかったのでそこまでひどい事故ではなかったのかも…。

相次ぐ事故による電車の運行停止。
電車を利用する人にとって最近の電車はちょっとした博打ですよね。

目的地へ無事にたどり着けるのか途中で止まるのか…。

スポンサーリンク
おすすめの記事