2019年10月4日(金)。
名鉄名古屋本線「笠松駅」にて人身事故が発生しました。

Twitterには人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたユーザーの方々が、事故発生当時の状況をツイートしています。今回の人身事故についてTwitterに投稿されたツイートをチェックしてみると、「線路の上を人が歩いてた」いう書き込みが…。

そこで今回は、名鉄名古屋本線「笠松駅」にて発生した人身事故について人身事故の概要や当時の状況を含め気になる情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年10月4日名鉄名古屋本線「笠松駅」で起きた人身事故の概要は?

10月4日(金)名鉄名古屋本線「笠松駅」にて人身事故が発生しました。
人身事故が発生した時刻は18時1分とのこと。

今回注目する人身事故の概要についてですが、名鉄名古屋本線を走行していた電車が「笠松駅」に侵入したとき、線路内に侵入した人と接触したと言います。

Twitterにはこのような目撃情報がありました。

なんと電車が走行する前に線路内を歩いていた人が居たと言うのです。

線路内は大変危険な場所となっています。
なぜ線路内を歩いていたのでしょう。

駅員の方、また駅の利用者は線路内を歩いていた人に声はかけなかったのでしょうか。

「笠松駅」に侵入してきた電車と線路内を歩いていた男性は接触。
その後駅員からの連絡を受けすぐに警察、救急隊が現場に到着し救出活動と現場検証が行われたということです。

18時1分頃に発生した人身事故の影響で名鉄名古屋本線は「名鉄一宮駅」~「名鉄岐阜駅」間の上下線にて運転を一時的に停止しました。

当初は19時40分頃に運転を再開する見込みでした。
しかし回収作業または現場検証に時間がかかったようで、当初の予定から大きく遅れた20時22分頃に全線の運転を再開したとのことです。

時間がかかったということは、それほど現場は悲惨な状況だったのでしょうか。

スポンサーリンク

2019年10月4日名鉄名古屋本線「笠松駅」で起きた人身事故の当時の現場の状況は?

Twitterには人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたユーザーの方々が、人身事故発生当時の現場の状況をツイートしています。

では、人身事故発生当時の状況をみていきましょう。

人身事故が発生した影響で名鉄名古屋本線では電車が一時停止に。多くの駅で運転が停止になったため、困惑している人が多く居たようです。

人身事故発生時刻が18時1分頃とちょうど帰宅ラッシュ前でした。
そのため学生やサラリーマンなど多くの人の足を止めることになったのです。

臨時列車が運行されたとのことですが、満員で大変な思いをした方は多かった模様。

スポンサーリンク

2019年10月4日名鉄名古屋本線「笠松駅」で起きた人身事故の身元情報は?

名鉄名古屋本線にて発生した人身事故についてですが、詳しい人身事故発生当時の状況は公開されていません。そのため、身元情報も不明となっています。

警察による身元確認は行われていると思うのですが…。

しかし、身元が明らかになっても公開されることはないでしょう。

全国各地で人身事故が多発していますが、身元が明らかになったケースはほとんどないです。親族に対しての配慮があってのことであると思われます。

線路上を歩いている人を見たという目撃情報がTwitterに投稿されていましたが、どのような人であったのかの情報は投稿されていませんでした。

2019年10月4日名鉄名古屋本線「笠松駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に名鉄名古屋本線にて発生した人身事故についてSNSネットの声をみていきましょう。

Twitterに投稿されたツイートを見てみると、人身事故が発生したことで予定していた電車に乗ることができなかった方々が悲痛のコメントをしていました。

まとめ

10月4日(金)に名鉄名古屋本線にて発生した人身事故について今回は情報をまとめていきました。

線路上を人が歩いていたって…、謎ですね。

金曜の帰宅の時間に人身事故とか一番やめてほしい。
人身事故に巻き込まれた方、おつかれさまでした。

合わせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事