2019年10月9日(水)。
御堂筋線「昭和町駅」にて人身事故が発生しました。

Twitterには人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたユーザーの方々が、事故発生当時の状況とツイートしています。
投稿されたツイートをチェックしてみると、「人が飛び込んだ」「肉片あるやん」といった生々しい情況のツイートが…。

そこで今回は、御堂筋線「昭和町駅」にて発生した人身事故について人身事故の概要や当時の状況を含め気になる情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年10月9日御堂筋線「昭和町駅」で起きた人身事故の概要は?

まずは人身事故の概要をみていきましょう。

人身事故が発生したのは、10月9日(水)午前8時20分頃。
御堂筋線「昭和町駅」が人身事故発生現場になったと言います。

今回注目している人身事故は、御堂筋線を走行している電車が「昭和町駅」に侵入しようとしたときに線路内へ人が飛び込んだようです。

人身事故発生当時、「昭和町駅」のホームに居たユーザーのツイートを発見。

目の前で人がホームに落ちた(飛び降りた)姿を目撃したと言います。
人身事故の原因は明らかになっていませんが、自殺目的の可能性が高いでしょう。

線路内に人が侵入したことに電車の運転手は急ブレーキをかけたと言います。
しかし間に合わず、電車と人が接触してしまいました。

どうやら接触したのは先頭車両だったようです。

救出作業を行うため、車内は停電。
当時多くの人が乗っていたため、蒸し風呂状態であったと言います。

人身事故が発生した影響で御堂筋線は上下線ともに一時運転を見合わせました。
また、御堂筋線と直結する北大阪急行線の上下線も運転を見合わせたのだとか。

午前8時20分頃に発生した人身事故。
運転を見合わせた御堂筋線、北大阪急行線は9時40分に運転を再開しました。

スポンサーリンク

2019年10月9日御堂筋線「昭和町駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

Twitterには人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたユーザーの方々が、人身事故発生当時の現場の状況をツイートしています。

では、人身事故発生当時の状況をみていきましょう。

みなさんご存知の通り、御堂筋線は終日多くの人が利用する路線です。

今回1時間以上も運転が停止したことで、御堂筋線の各駅は大混雑。とくに多くの人が利用する御堂筋線「梅田駅」では、入場規制されるほどだったんだとか。

また御堂筋線が使えないということで多くの人が別の路線を利用したため、谷町線など他の路線でも大混雑となったと言います。

スポンサーリンク

2019年10月9日御堂筋線「昭和町駅」で起きた人身事故の身元情報は?

御堂筋線「昭和町駅」にて発生した人身事故ですが、飛び込み自殺をしたとみられる人の身元情報は公表されていません。

人身事故が発生し駆け付けた警官により身元情報は調査されたはず。
おそらく現在、身元情報の確認はとれているでしょう。

しかし、他の人身事故でそうであるように、今回の人身事故でも確認がとれた身元情報について公表されることはないと言います。

なぜなのか、その理由は分かりません。

もしかしたら亡くなった遺族への配慮などがあるのかもしれませんね。

2019年10月9日御堂筋線「昭和町駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、御堂筋線「昭和町駅」にて発生した人身事故についてSNSネットの反応をみていくことにしましょう。

Twitterに投稿されたツイートを見てみると、人身事故の影響で予定する電車に乗ることができなかったユーザーたちの悲痛な声が多くありました。

多くの人が利用する路線だったこともあり、かなりのツイートがありました。

まとめ

10月9日(水)に発生した御堂筋線「昭和町駅」にて発生した人身事故について今回は気になる情報をまとめていきました。

「肉片が落ちていた」という目撃情報があったことから、今回飛び込み自殺を図った人は亡くなっていると思います。

死にたくなるほど辛いことがあったのでしょう。
ですが、電車に飛び込むという方法をなぜ選択してしまったのか。

全国各地で発生している人身事故、どうしたら発生件数を減らすことができるのでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事