2019年10月11日(金)。
西武新宿線「中井駅」にて人身事故が発生しました。

どうやら飛び込み自殺ではないかとのこと。

Twitterには人身事故発生当時に偶然現場に居合わせたとみられるユーザーが投稿したツイートが数多くあります。

そこで今回は、西武新宿線「中井駅」にて発生した人身事故について人身事故の概要や当時の状況を含め気になる情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年10月11日西武新宿線「中井駅」で起きた人身事故の概要は?

10月11日(金)西武新宿線「中井駅」にて発生した人身事故。
人身事故発生時刻は午前8時17分頃だったと言います。

朝、多くの人が利用する時間帯に発生した今回の人身事故、一体どのような人身事故が発生したのかまずは概要をみていきましょう。

今回の人身事故は、西武新宿線を走行していた電車が「中井駅」に侵入しようとしていたそのときに人が線路内に飛び込んできたものと見られています。

電車は急ブレーキをかけたと言いますが間に合わず…。
電車と接触した人は、接触した電車の下敷きになったと言います。

人身事故が発生した直後、駅員の連絡によりすぐに駆け付けた救急隊と警察により救出作業、現場検証が行われたのだとか。

人身事故が発生した影響で、西武新宿線「西部新宿駅」~「本川越駅」間で電車が一時運転を停止する事態になりました。

一時停止を受け、以下の路線で振替輸送が行われたと言います。

JR
東京メトロ
都営地下鉄
東武鉄道
京王電鉄
多摩モノレール

人身事故発生当初、運転再開は9時10分を予定していました。そして予定通り、9時10分頃に運転を再開したとのことです。

スポンサーリンク

2019年10月11日西武新宿線「中井駅」で起きた人身事故当時の現場の状況は?

Twitterでは、人身事故発生当時に現場に偶然居合わせたユーザーの方々が当時の状況をツイートしていました。

では、人身事故発生当時の状況をみていきましょう。

Twitterに投稿された目撃情報をみてみると、人身事故発生当時「中井駅」は大混乱になっていたと言います。

ホームにバックが落ちていたなんて…、リアルですよね…。

大泣きしている人も居たという情報ですが、もしかしたらその女性は走行している電車に向かって飛び込んでいった人を見てしまったのかもしれません。

また当時の状況として、「急停止してやばかった」というツイートもありました。

駅で人身事故が発生した影響で付近の踏切の遮断機が下り、なかなか通行できないことに苛立ちを感じている人がたくさん居たとの情報もありました。

スポンサーリンク

2019年10月11日西武新宿線「中井駅」で起きた人身事故での身元情報は?

西武新宿線「中井駅」にて発生した人身事故ですが、飛び込み自殺をしたとみられる人の身元情報は公表されていません。

人身事故が発生し駆け付けた警官により身元情報は調査されたはず。おそらく現在、身元情報の確認はとれていることでしょう。

しかし、他の人身事故でそうであるように、今回の人身事故でも確認がとれた身元情報について公表されることはないと思います。

遺族への配慮など、なんかしらの理由あってのことでしょう。

2019年10月11日西武新宿線「中井駅」で起きた人身事故についてSNSネットの反応は?

では最後に、西武新宿線「中井駅」で発生した人身事故についてSNSネットの反応をみていきましょう。

Twitterをチェックすると、人身事故が発生したことで多くの人に影響を与えてしまったということを確認することができました。

どの時間に発生しても迷惑ですが、朝の方がやはり迷惑度は高いようです。

まとめ

10月11日(金)に西部新宿線「中井駅」にて発生した人身事故について気になる情報をまとめていきました。

朝に発生した人身事故ということで、多くの人に影響を与えたようです。

駅で発生した人身事故で踏切が遮断されてしまうのはなぜなのか。
踏切に駅職員をつけるなどして対応すればいいのにと思うのですが難しいのか…。

これだけ全国各地で人身事故が発生しているのだから、いかに多くの人に影響を与えないようにできるかについて考えた方がいい気がします。

スポンサーリンク
おすすめの記事