日本列島に上陸し大きな被害をもたらした台風19号。
一夜明け、被害の全貌が見えてきました。

私も朝起きてまず最初にテレビをつけたのですが、被害のすさまじさに声が出ませんでした。多くの堤防が決壊している…。

中でも被害が大きかったのが、千曲川です。
堤防の一部が決壊したことで、付近の町は浸水。

それだけでなく、新幹線車両基地にまで決壊した堤防の水が押し寄せ、北陸新幹線7両がすべて水没してしまうという事態に…。

そこで今回は千曲川の堤防が一部決壊したことで発生した被害についてまとめていきます。

スポンサーリンク

2019年10月12日台風19号被害を受け千曲川が決壊した概要は?

2019年10月12日(土)の夜から13日(日)の明け方にかけて、非常に強い勢力をもった台風19号が東日本に上陸しました。

眠れぬ夜を過ごした人が多かったことでしょう。

そんな中、13日(日)の午前6時に国土交通省北陸地方整備局にて、長野県長野市穂保の千曲川の堤防が一部決壊したということが発表されました。

千曲川の堤防が一部決壊したということで、さまざまな場所で被害が発生。一夜明け、その被害の全貌が見えてきました。

千曲川に近い地域にある住宅地や田畑は広い範囲で水に浸かっていました。

特にひどかったのは堤防の一部が決壊した場所の近くで、決壊した場所から激しい濁流が住宅街へ流れ込み、多くの住宅の1階部分を飲み込んだと言います。

また千曲川にかかる橋が流されているのが確認されたり、道路の高架部分が途中で途切れ、川に落下しているのも確認されているとのこと…。

被害はひどいもので、千曲川の一部が決壊しただけでなく、護岸がえぐれて道路の一部がなくなっていたということも明らかになっています。

また千曲川に近い地域にある住宅地や田畑が広い範囲で水に浸かっていました。

また千曲川の堤防が一部決壊したことによる被害はこれだけでなく、長野市にある新幹線車両基地までも水没したというのです。

なんと北陸新幹線の車両合わせて7両が水没していたのです。

スポンサーリンク

2019年10月12日台風19号被害を受け千曲川が決壊した当時の様子動画画像は?

千曲川の一部が決壊したことで、多くの被害が発生してしまいました。
では、当時の様子を撮影した動画や画像をみていきましょう。

千曲川のライブカメラを撮影したものになります。
堤防の一部が決壊し、住宅地に水が流れているのが確認できました。

激しい豪雨、また風の影響でしょうか。
設置されていたライブカメラが数台調整中になっていたとのことです。

スポンサーリンク

2019年10月12日台風19号被害を受け北陸新幹線への影響は?

千曲川の堤防の一部が決壊したことにより、長野市内にある新幹線車両基地にまで濁流が押し寄せてきました。

Twitterに投稿された情報ですが、この高さを超えてきたとのこと…。

そして新幹線車両基地が浸水し、北陸新幹線が水没してしまう事態に…。

報道されたニュース映像を見る限り、7台もの新幹線が水没しているということを確認することができました。

新幹線車両基地のある地区は避難指示が出ており、職員は現場に近付くことができない状態であると言います。

現時点で詳しい車両の状態は不明だとのこと。

北陸新幹線は10月13日(日)から運転を再開させる予定でした。
しかし、今後いつ運転を再開できるかは現時点で目途が立たないと言います。

車両がこのように水没してしまったとなれば、再開は難しいかも…。

2019年10月12日台風19号被害を受け千曲川が決壊についてSNSネットの反応は?

では最後に、SNSネットの反応をみていきましょう。

千曲川の堤防が一部決壊してしまったことで絶望の声が多く投稿されていました。

新幹線が水没してしまったということを受け、多くの人が驚いた様子。

今後の北陸新幹線を心配する声もTwitterに多く投稿されていました。

まとめ

台風19号の影響で、千曲川の堤防の一部が決壊してしまい、大きな被害が出たということが明らかになりました。

多くの住宅が浸水してしまいましたね…。
また新幹線車両基地まで濁流が流れ、新幹線が水没するとは思っていませんでした。

新幹線は多くの人の足となる大切なもの。
被害の全貌がまだ明らかになっていないとのことですが、はやく再開するといいですね。

台風19号が上陸した地域に住んでいるみなさん。
台風は過ぎましたがまだ河川の水量は高いので、くれぐれも危険な行動はしないようにして下さい。

命を守る行動は今も続けて下さい。

スポンサーリンク
おすすめの記事